Naminori Photo Gallery – 千葉・鴨川エリア –

はるべえのKindle本も全3冊無料で読める!30日間無料キャンペーン中

鴨川エリア

アクアラインができてからは都内からもアクセスが良く、波が豊富で水温も温いことから、1年中多くのサーファーが集まる鴨川エリア。

一番東に位置するのがみんな大好きなマルキポイント


昔近くにマルキ食堂があったためこのポイント名がついてます。

北から西までの広い範囲のうねりに反応し安定的にサーフィンできるポイント。特に北東の風が強いときなどは頼りになり、多くのサーファーが集まり混雑します。
特に北東~東うねりが入ったときの岩場からのレフトの波が素晴らしく、西うねりが入るとライトの波も良くなります。

マルキから西へ向かうと、以前はシーワールドの前グランドホテル下でもサーフィンできてましたが、最近は割れなくなってきました。

待崎川の河口周辺はいまでもサーフィン可能です。

シーサイドはテトラの間でブレイクするポイント。
マルキほど深くないので潮が多くてもコンスタントに波があり楽しめます。


こちらの記事も合わせてお読みください

鴨川までのアクセス上り

前回は川崎から鴨川マルキポイントへのアクセスに関する動画をアップしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.com/20190519/wave-7465/]今回はそ[…]

鴨川までのアクセス下り

毎週末に海に通う週末サーファーは、1-2時間のドライブをして海に行くケースがほとんどかと思います。特に関西のサーファーはコンスタントに波のあるポイントに行くにはかなりの時間のドライブが必要となり、海に入っている時間よりも運転している[…]

鴨川シーワールド

気圧配置&天気と波情報 : 朝から雷に注意が必要午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。7月25日土曜日の朝の気圧配置と波情報です。今日は4連休の3日目の土曜日です。4連休といえどもう半分が過ぎてし[…]

鴨川シーワールド混雑
週末に通うポイント

週末サーファーは毎週のように海に通ってサーフィンする方が多いと思います。1年間はだいたいの年は52週あるとして、春夏秋冬の毎週欠かさず海に行くとすると1年間で52回海に行くことになります。私の場合、海に行[…]

最新情報をチェックしよう!

波乗りギャラリーの最新記事8件