11/6 ASAS 

  • 2016年11月6日
  • 2018年12月31日
  • 2016

11/6 9:00
今朝も朝一は北西ベースの弱めの風
昨日の後半から南ベースの風になり、南向きのポイントではざわついた波となっていたが、今朝は北西ベースで面も整ってきている
東ベースのウネリが続いていて、腰胸サイズの程よい波が千葉から茨城にかけて割れている。
これから冬が深まるにつれて北西から西寄りの風がよく吹くようになる。
西寄りの風が強くなれば湘南や平砂浦でもサイズアップする日がある。
日本海はまさにこれからがシーズン、冬型の気圧配置の緩むタイミングに合わせて海にいければ、極上の波が待っている
T1623は東海上を北東進し日本付近への直接の天気への影響はないまま域外へ向かう
まだウネリの反応は見られてなさそうだが、月曜後半から火曜あたりからサイズに変化が見られるハズ
一方で明日は立冬、明日から2月の立春の前の日の節分までが暦の上での冬になる。
日の出も6時をまわってからになり、これから12月21日の冬至にかけてあと40分くらい日の出が遅くなる。
冬の朝はこれに合わせて少し遅めに起きるようになる。自然に合わせて生活のリズムを合わせていくと言ったら大袈裟に聞こえるが、まあそんな感じ。

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 刻々と変化する波のコンディション2 気圧配置のパターンで風と波を読む3 代表的な気圧配置のパターン3.1 西高東低の冬型の気圧配置3.2 アリューシャン低気圧からの北東うねり3.3 南岸低気圧3.4 春一番3.5 高気圧からの吹き出し3.6 梅雨前線3.7 夏の太平洋高気圧3.8 台風3. […]

台風19号の気象と被害状況の推移まとめ(18日21時更新) 台風19号による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。 一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。 ~ 10月6日に発生した台風19号の現在までの推移をこの記事にて随時更新していきます。 本ブログにて毎日更新している記事をベース […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!