7/18 3:00 ASAS東経130度付近にある熱帯低気圧は徐々に発達してきて24時間…

  • 2018年7月18日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

7/18 3:00 ASAS 東経130度付近にある熱帯低気圧は徐々に発達してきて24時間以内には台風に昇格する見込みとなってきた。太平洋高気圧の縁辺をゆっくり進む見込みで、早ければ西日本の太平洋側には金曜あたりからうねりの反応が出てくるかもしれない。 今朝の千葉エリアは南西の風。はるか東の海上にある高気圧からの吹き出しに弱くうねりが反応していて今朝も全般的には腰腹サイズあり、一宮周辺は風が合いそこそこサーフィン可能なコンディション。南の風がまた吹き続けているのでまた水温が下がってきている模様、朝一入るにはシーガルかジャージのフルがまだまだ必要なので、普段海に行かない方は注意が必要。 千葉南エリアも腰腹から胸くらい、南の風なので千歳か千倉が良さそうなコンディションが続く。 湘南は今朝もスモールコンディション、鵠沼で膝腿くらい。週末には南西うねりが湘南まで反応するかどうか、ショートでも楽しめるサイズくらいには反応はありそうか。 #surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

A post shared by @ asasfsas24 on

目次 1 なぜ潮まわりを知っておく必要が […]