2018/1/7 3:00 ASAS

  • 2018年1月7日
  • 2019年1月2日
  • 2018-01

1/7 3:00 ASAS
アリューシャン付近の低気圧は960hpaでほぼ停滞中、昨日南の海上を通過した低気圧は東の海上にて発達し974hpaで東北東へ。
日本付近は等圧線が縦に走り北寄りの風が強めに吹いてるが次第に西から高気圧に覆われる見込み。夜には早くも東シナ海に新たな低気圧が発生し明日にかけて東へ進んでくる。
今朝の千葉エリアは北西の風がやや強めに吹いているポイントが多い。アリューシャンからの北東うねりは継続しているが、沖合の北西から西寄りの強い風により抑えられている感じで今朝は昨日よりもワンサイズくらいダウン傾向。九十九里の作田から片貝エリアでは腰腹から胸くらいあり今朝も程よいサイズがありサーフィン楽しめるコンディション。一宮周辺は胸肩サイズあり北西の風強く昨日よりかは波質おちているが遊べるコンディションはある。御宿から部原は面はよいが腰からたまに腹くらいと昨日よりワンサイズ小さめ。鴨川から千歳までも今朝は強い風が影響しているもののまだまだ遊べるコンディション。こちらもワンサイズ小さめで腰腹から胸くらい、オフショアあおられがちだけどこれから風は弱まってきそうなので、今日も一日楽しめるはず。東の海上に抜けた低気圧からの東のうねりにも反応して再びサイズアップしてくるかもしれない。
湘南は昨日よりサイズアップしていて、鎌倉から藤沢エリアでは腰くらいあり今朝はサーフィン可能。昨日夜は御前崎沖合の風データがまた見れなくなっていたが西寄りの風が10m以上は吹いていた模様。この風がによる西の波が反応している模様だが午前2時からは風が弱くなってきているのでこれからサイズダウンしてくるはず、入るなら早めに入っておきたい。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション 久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。 前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。 季節毎の特徴的な気圧配置のときにどのような風と波のコンディションになっていくのかを、 今後はもう少しコンス […]

「天気と気象を知るためのキーワード/用語集(その1/その2)」では、気象に関する様々な用語と押さえておくべきキーワードについて、ざっくりな内容のみですが記事にしてみました。 今回は天気と気象を知るための様々な公式についてを1つの記事にしています。 様々な気象現象にはそれを表すための数式が存在しており […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!