7/17 3:00 ASAS今朝も朝から気温は上昇し茹だるような暑さが続く。背の高い高気…

  • 2018年7月17日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

7/17 3:00 ASAS 今朝も朝から気温は上昇し茹だるような暑さが続く。背の高い高気圧にすっぽりと覆われて今日も猛暑になる地点が多くなりそう。 フィリピン北部にある熱帯低気圧はそれほど発達はしないまま西へ進んでいる。太平洋高気圧の勢力が強すぎて日本には近づけない状況に。 今朝の千葉エリアは南西の風。はるか東の高気圧からの吹き出しによる東うねりが弱く反応を続けている。一宮周辺では風が合い腰腹から胸くらいのサイズが今朝もあるようで楽しめるコンディションが続いている。東うねりが入りやすいこの気圧配置は千葉エリアにファンウェイブをもたらしてくれて、この3連休も楽しめるコンディションだった。 千葉南エリアも同じくらいのサイズ感でやはり風の合う千歳から千倉方面が比較的コンディションは良さそう。 湘南にはこの気圧配置だとうねりが入りにくいパターンになってしまい、今朝もスモールコンディションが続く。ロングボードで少し楽しめるくらいか。 茨城の鹿嶋から波崎エリアも腰腹から胸くらいのサイズが続いていてポイント選べば十分楽しめる波。ただし水温はかなり低くジャージのフルを持って行った方が良さそう。南の風が吹きやすく水温がまた少し下がってきているはずなので、外は猛暑だけど水はかなり冷たい。 #surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置 #太平洋高気圧 #水温冷たい

A post shared by @ asasfsas24 on

波のコンディションとブレイク

前回の記事では、波の要素と種類、波の発生から終わりまでについて記載してみました。 今回はサーフィンにとっての波のコンディションにフォーカスして記載していきます。 目次 1 波のコンディションとは2 風の吹き方による波のコンディション2.1 面ツル2.2 チョッピー2.3 ジャンク2.4 クローズアウ […]

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション 久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。 前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。 季節毎の特徴的な気圧配置のときにどのような風と波のコンディションになっていくのかを、 今後はもう少しコンス […]

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!