7/20 3:00 ASAS台風10号は北緯20度を超えて沖縄地方に向けて北西に進んでい…

  • 2018年7月20日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

7/20 3:00 ASAS 台風10号は北緯20度を超えて沖縄地方に向けて北西に進んでいる。太平洋高気圧の勢力は変わらず西へ張り出す気圧配置が続いており猛暑は来週いっぱいは続く予報が出てきた。偏西風の東谷が続く予報がでており、この暑さはまだ続きそう。自然は必ずバランスを取りにくるので、再来週あたりからは場の転換が起こりそうな気がする。 今朝の千葉エリアは南の風。はるか東の高気圧からの吹き出しか反応し台風10号からの南うねりも少し混じっているかもで、今朝もサイズ的には楽しめるコンディション。九十九里エリアでは腹胸くらい、一宮周辺ではセット胸肩サイズあり程よいサイズで十分楽しめる。千葉南エリアも胸肩サイズあり南の風をかわす千歳や千倉のほうがまとまっているかも。鴨川から和田もできるコンディションではあるけど少し面が整ってない模様。 湘南も少しサイズアップしてきて鵠沼では腿腰、吉浜で腰腹くらいあり南東ベースのうねりが反応してきている。 明日は台風10号からのうねりにもう少し反応がありそう。土日ともに湘南でもショートで楽しめそうだけど、大混雑しそうなのでトラブルなど注意して楽しみたい。 千葉北は水温が低いのでシーガル以上のウエットあった方がいいです。 #surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置 #台風10号 #太平洋高気圧

A post shared by @ asasfsas24 on

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

サーファーが知っておきたい台風への備え これまでに5回にわたって、「サーファーが知っておきたい台風の知識」として記事を投稿してきましたが、今回はサーファー以外の方も知っておきたい台風への備えについて記載していきます。 台風への備えや対策については、他にもいろいろなサイトで紹介されているので、それら専 […]

目次 1 なぜサーファーが台風に注目するのか?2 そもそも台風とは何なのか2.1 台風かどうかは中心付近の最大風速で決まる2.2 発生する地域によって呼び方が異なる2.2.1 台風2.2.2 ハリケーン2.2.3 サイクロン2.2.4 ウィリーウィリー2.3 台風の名前3 台風の強さと大きさ3.1 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!