1/21 3:00 ASAS

  • 2018年1月21日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

1/21 3:00 ASAS
はるか東の海上にあった低気圧は昨日の位置よりも北上しアリューシャン付近まで移動した。低気圧としてはピークを越えており等圧線も歪んできており北東うねりが入りにくい気圧配置となってきた。明日は本州南岸を低気圧が通過する見込みで新たなステージへ。
今朝の千葉エリアは北寄りの風が弱め。今日も北東から東ベースのうねりにしっかり反応していて昨日よりも風は弱く日差しがでて気温も上昇しサーフィン日和。
九十九里エリアは飯岡では腰腹からポイントによっては胸くらいあり風もあいコンディション良さそう。作田から片貝エリアも胸肩サイズでクリーンなコンディション、一宮周辺は肩頭サイズあり北からの風でサイドオン気味ではあるがサイズ十分あり楽しめるコンディション。御宿は腰腹から胸くらい、部原も腹胸からたまに肩サイズありこちらもコンディション良さそう。
鴨川から千倉までも今朝は十分楽しめるコンディション。朝一は潮が上げてイマイチだったが潮が引いてきてサイズも若干アップし良くなってきた。今日はこのまま夕方までポイント選べば十分楽しめるコンディションが続きそうだが、特に鴨川から南のエリアは混雑しているポイント多いので注意していい波楽しみたい。
湘南はスモールコンディション中心だが平塚から西では腰くらいあり少しできそう。東うねり反応する吉浜ひセット腰腹くらいありそこそこできそうなコンディション。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

前回までの記事では、いい波に乗るために台風のことを知っておくというシリーズとして2つの記事を投稿しました。 1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載しています 2回目は台風がどこで発生してどんなコースをたどるのかをメインとして、台風の発達のメカニズムまでの内 […]

サーフィンをする上で、海や気象の知識が必要となります。 それは、このブログのテーマにもなっている、”いい波”に乗るために”、そして ”安全にサーフィンを楽しむために” も知っておいて損はないですし、ぜひ知っておきたい内容です。 波乗りのための気象に関する知識と経験則については、波乗り気象学のカテゴリ […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!