1週間続いた東うねりはダウン傾向へ、台風14号のうねりの反応はいつから?【2021.9.10】

お知らせ:サーファーと台風についてのKindle電子書籍
【Kindle】サーファーが知っておきたい台風の知識

 

はるべえ
今週は東うねりがずっと
続いてくれました
次は台風14号の南西うねり⁈


はるべえ@波乗りブログ毎日更新1,500日の気象予報士
です。

9月10日 金曜日の
気圧配置と風と波の状況/
明日のサーフポイント情報を

本日も更新していきます。

先週金曜から反応がよくなった東うねりは
今朝も反応が続き
これで1週間は反応が続いたことになります

この間にはJPSA大洗での大会があり
サイズ十分すぎるくらいの見ごたえのある
コンディションで楽しめましたし

千葉エリアも朝一の時間帯を中心に
セット間隔もあって十分なサイズの
いい波が続きましたが、
さすがに今日はサイズダウンとなってきました・・・

そして次のうねりは、、、
台風14号からの南西うねりですね

既に猛烈な台風にまで発達している
この台風からのうねりは
いつ頃から反応しそうでしょうか??

まずは今日の午後の気圧配置から
見ていきましょう

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

 はるべえ台風14号の動向が非常に気になりますはるべえ@波乗りブログ毎日更新1,500日の気象予報士です。9月9日 木曜日の気圧配置と風と波の状況/明日のサーフポイント情報を[…]

台風14号は猛烈な台風へ

 

日々の気圧配置の推移と
千葉・湘南・茨城エリアの
波のコンディションについて
記事を毎日更新している
波乗りお天気ブログです

今日の気圧配置と風と波

午後3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

今日の午後3時の実況天気図です

今朝は関東の東海上に低気圧があって
朝のうちは低気圧の後面に千葉エリアは
位置しており北西ベースの風が吹いていました

その低気圧を取り囲むように
高気圧が周辺に4つもあり
南海上の2つの高気圧は
ほとんど停滞といった状況

はるか南海上のフィリピンの東では
台風14号があって北西に進んでいます

かなり中心気圧をさげてきており
猛烈な台風にまで発達した状態も続いています

台風13-14号_210910

気になる台風14号の動向ですが、
今日の15時の発表では
フィリピンの東海上にあって
北西に時速15㎞と比較的
ゆっくりと進んでいる
状況です

台風の中心気圧は925hPa
昨日よりも10hPaも気圧を深めてきており
中心付近の最大風速は秒速55m
カテゴリは「猛烈な」台風のままとなっています

この後しばらく北西に進み
台湾の南の海域あたりで北に進路を
変えてきそうですが

明日11日にはさらに5hPaくらい
中心気圧を下げてきそう

まだもう少し発達が続きそうです

アメダス風向210910_1500

こちらは今日の15時の
アメダス風向風速データ
です

今朝の千葉エリアは北西の風からの
スタートとなって
朝は多くのポイントではいい感じの風が
吹いていましたが

昼前からは東よりの風が入ってきて
午後は南東ベースの風がそこそこ
強く吹いてきてしまいました

湘南も今日は一日南よりの風が入ってきて
サイズも物足りない感じが続いたようです

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/09/10
日の出:05:18 / 日の入:17:53
中潮
満潮:06:18(154cm) / 18:29(154cm)
干潮:00:09(42cm) / 12:25(44cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/09/10
日の出:05:21 / 日の入:17:56
中潮
満潮:06:34(149cm) / 18:45(152cm)
干潮:00:30(42cm) / 12:43(40cm)

 

今日の波の様子@千葉南

今日は朝から西の成分が入った
風が千葉エリアでは吹いていて

しばらく続いている東うねりの反応も残り
風が変わる前の午前中を中心に
十分遊べるファンウェイブ
となった
ポイントが多かったのではないでしょうか

東うねりの反応はさすがに
今日の後半は弱くなってきてしまいましたが
朝のうちはまだ十分楽しめるサイズの
セットが入ってきて遊べるコンディション

今朝も千葉南エリアでは
風は弱く面はよくまとまった波が入る
コンディションで東うねりが続いてました

朝の早い時間はまだ胸肩くらいの
セットが入ってきていて
ワイドな波が多いながらも
今日もレフトの波を中心に十分乗れる波

午前9時過ぎくらいからは
だんだんとセットが入る間隔が長くなって
なかなか入ってこなくなってきて
サイズも緩やかにダウンしていった
そんなコンディションな一日でした

 

一宮周辺の朝は西よりの風が入って
オフショアでサイズ十分な胸肩から頭サイズ
中級者以上の方では楽しめる波が
入ってきていたようですね

午後は各地で東よりの風が
やや強めに入ってきてしまったので
コンディションはダウンしてしまいましたが

風が入る前までの時間帯は
いい感じで遊べた金曜日の波でした

湘南は物足りない波が今日も続いて
しまったようですが
南東からの波でロングでは遊べる波が
入ってきていたようです

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時予想天気図 FSAS24

予想気圧配置

明日の朝は東海上の低気圧は
海上を東へと離れていき
南海上には今日と同じような位置に
高気圧がある予想気圧配置です

フィリピン付近にある台風14号は
明日の午前9時には
中心気圧が920hPa
にまで深めてくる
予想となっており
北緯20度線あたりまで北上してきそうです

明日のざっくり風イメージ

ざっくり風イメージ210910

明日のざっくり風イメージはこちら

明日の千葉・湘南エリアは
広く等圧線が描かれないエリアに位置する
予想となっており
明日は風の弱い朝を迎えそうです

風の弱いエリアで不安定な
風にもなってきそうですが
風向きとしては東よりの海風が
弱く入ってきそうな感じでしょうか

それほど風のことは気にしなくて
良さそうですが
午後は少しオンショアの影響が
出てくるかもしれません

沿岸波浪24時間予想図 FWJP

沿岸波浪予想図

明日の午前9時の沿岸波浪予想図です

先週金曜の後半から続いた東うねりは
今日の昼前くらいからダウン傾向となり
明日は今日よりもダウンしてきて
しまいそうです

明日午前9時の房総半島沖では
東からの波で周期は9秒、波高は1.1m
今日よりもダウン傾向

相模湾では東南東からの波で周期は9秒、
波高は0.9mとしてこちらもダウン傾向です

明日の暦と潮回り

勝浦の潮位情報_210910

 

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/09/11
日の出:05:18 / 日の入:17:52
中潮
満潮:07:07(145cm) / 18:54(152cm)
干潮:00:46(36cm) / 12:56(61cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/09/11
日の出:05:21 / 日の入:17:55
中潮
満潮:07:23(141cm) / 19:07(149cm)
干潮:01:08(36cm) / 13:15(57cm)

 

明日の風と波(千葉・湘南エリア)

千葉エリアは東うねりの反応が
今日よりも弱くなり物足りないサイズに
なってしまうポイントも出てくるかもしれませんので

少しでもサイズが残ってそうな
朝一から入っておくのが良さそう
なのですが

明日は午前7時くらいが満潮時刻となるので
地形が深いポイントでは
厚くて割れにくい波からのスタートとなりそう

東うねりの反応が残りやすい
一宮周辺や千歳などからチェックするのが
良さそうではありますが
千歳は厚い波でインサイドのブレイクに
なってしまうかも

千葉北の各ポイントや白渚周辺も
朝の内は遊べるくらいのサイズは
残ってそうですので
潮が多いながらも早めに入っておくのが
よいかと思います

湘南も物足りないサイズが続いてしまいそうで
ロングや厚めの板を持参していったほうが
楽しめるかもしれませんね

ビギナーの方はテイクオフの練習が
できる波となりますが
少し物足りないのであれば千葉へ向かって
腿腰くらいのサイズのポイントで
入るというのがよいかもしれません

LINE公式では
明日の風と波とポイント情報や
ブログ更新情報などを配信しています
以下より友達追加していただけます

友だち追加

明後日の風と波(千葉・湘南エリア)

予想気圧配置

明後日の朝には台風14号は北緯20度線を
越えて台湾に接近・上陸してくる予想気圧配置
です

また西日本の南海上には
前線が予想されてます

日曜には西日本の太平洋側には
台風14号からの南~南西うねりの
反応がありそう
ですね

和歌山の磯ノ浦でも日曜から
反応がでてきそうなので
御坊エリアを楽しみにしている方は
来週前半は休みをとったほうが
よいかも?

ただこの台風からのうねりが
湘南まで届くかというとちょっと微妙な感じ?

届いたとしても夕方あたりでしょうか

月曜にはうねりが届いてきそうなので
明日以降は西日本の南向きのポイントの
サイズアップの状況

石廊崎の波浪観測データの変化
気にしておくと良いでしょう

猛烈な台風にまで発達していることから
やはりうねりが届くのは早く
北緯20度のちょっと北のあたりから
南よりのうねりが反応してくる台風となりそうです

ちなみに今年の台風2号
猛烈な台風にまで発達し
なんと北緯15度付近から
南うねりが反応してきた
台風となりました

関連記事

/2021年(令和3年)の台風第2号は個人的には非常に興味深い台風となりました\この台風が特徴的だったのは私の観点では以下の点ですはるべえ 北緯15度から南うねりが湘南に反応 […]

台風2号(スリゲ)

この台風2号では
北緯20度より南に台風が
ある場合でも、

台風カテゴリが「猛烈な台風」
となった3日後には
湘南にうねりが届いた
という
ケースになりましたので

今回の台風14号も
日曜後半から月曜あたりから
南西うねりの反応が見られる
かも?
しれませんね

まずは西日本の南向きのポイントへ
反応が出てくるタイミングが
気になるところです

そんな観点でも
台風の動向をチェックしておくと
楽しみがひろがるかもしれません

のでご参考にしてもらえればと
思います

Twitterタイムライン/気象実況データ

Twitterタイムライン

Windy

Windy.com:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

気象庁各種データへのリンク

天気図

アメダス風向風速

台風情報

 

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

エリア毎の特徴:伊勢~宮崎

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事ではサーフエリア毎の特徴とうねりの反応について、千葉を起点にして伊良湖までのエリアについて記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfs[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(伊勢~和歌山~四国~宮崎)
台風の知識

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ5回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

1週間続いた東うねり
最新情報をチェックしよう!