うねりの向きと反対方向に吹く風の向きと強さもチェックしてみよう【2022.12.10】

2022年12月10日(土)の
気圧配置と風と波の様子です

昨日は多くのポイントで
サイズ小さくかなり厳しい
コンディションとなりましたが

今日はうねりの反応が良くなってきて
ポイントと時間帯を選べば
そこそこ楽しめるコンディション
にもなったようです

千葉北はだいぶ水温が低くなったようで
多くの方がブーツを履いていたようなので

明日千葉北に向かう方は
ブーツをお忘れないように・・・
千葉南はまだブーツは不要です

それでは今日も気圧配置から
見ていきましょう

今日の風と波(千葉・湘南エリア)

午前9時の実況天気図

引用:気象庁ホームページhttps://www.jma.go.jp/bosai/weather_map/

 

はるべえ
午前9時の
実況天気図です

昨日の午後に関東の南東海上で
小さな低気圧が発生しましたが、

今朝は少し離れた東海上を
高気圧と一緒に東へと進んでいます。

南海上の離れたところには
前線を伴った低気圧があり、

更に南のフィリピンの東には
熱帯低気圧も解析されていて
北へ進んでいる状況

北日本と北陸は雲が多い空模様と
なっているようですが
太平洋側は広い範囲で晴れているようです

今朝の千葉エリアは
東海上の低気圧に向けての流れが残り
朝から昼前までは北西ベースの
オフショアが吹いてましたが

午後は高気圧の張り出し部分の
等圧線に沿う感じで
北東ベースの風になってきそうです

南海上の西風の強さが東うねりに影響?

波のほうは東海上の高気圧からの
東南東ベースの周期がやや長めな波が
沖合では昨日から予想されてましたが

昨日は東海沖から吹く西風によって
反応が鈍くなっていた可能性があり

厳しめなスモールサイズとなったかと
想定されます

今朝は東海沖の西風が弱くなってきたことで
東南東うねりは昨日よりも
反応はよくなってきているようです。

東海上に抜けた低気圧は
東よりのうねりをもたらすような
風は吹いてなかったようなので

この低気圧からのサイズアップというより
沿岸波浪予想図の房総半島沖で
周期11秒、波高0.9mとして予想されていた
高気圧吹き出しによる東南東うねりの
反応が良くなったと考えたほうが
良さそうです

この周期と波高だけ見ると
昨日のようなスモールサイズに
なってしまうような値ではないのですけど
ここが難しいところですね・・・

東海沖の西風によって
東うねりが弱くなったというのは
わたしの仮説であり
本当にそうなのかはわかりませんが

はるべえ
反対方向から吹く風が弱くなってくることで
うねりの反応が良くなってくることも
よくあることです。

予想されている波・うねりの向き、
周期と波高のデータだけでなく
一回り大きな範囲の海上の
風の向きと強さを見て

うねりが抑えられてしまっているのか
なども合わせて見ていくと
明日の波のことを考えるのが
よりマニアックに楽しくなってくる?
のではないかと思います!

今週末の潮の動き

昨日も掲載しましたが
この週末の潮の動き(勝浦)です。

今日明日ともに朝一の6~7時は
潮位130㎝以上で潮がだいぶ多い
時間帯となり

昼頃にやっと潮位100㎝を
下回ってきます

昨日も書きましたけど
この時期の大潮は夜中の干潮時に
かなり引いてくるのですが

昼の干潮時はあんまり引いてこない
潮の動きとなります

大潮の干潮だからといって
いつも潮が大きく引くという訳ではない
ということは覚えておいて
もらえればと思います

ここ最近は毎時間の潮位データを
掲載してますので
時間単位でどれだけ潮位変化があるのか
何時から何時の間が大きく潮が
動くのか?などをチェックしておくと

海に入るタイミングも
だいぶ絞れてくることがありますので
参考にしてもらえればと思います

はるべえ
潮回りについては
こちらでいろいろと解説してますので
参考にしてもらえればと思います!

いい波にのるために(5):
サーフィンに必要な潮回りの知識
https://amzn.to/36mpfs3

https://amzn.to/36mpfs3

今日の波

午前中のまだ潮が多めな時間帯で
インサイドまでなかなか割れない
ブレイクが中心なコンディション

それでも昨日よりは
セットはしっかりしてきており
たまに腰ちょいくらいの
セットも入ってきてました

ミドルから割れる波はほとんどなく
たまに入ってくるセットで
テイクオフから上陸気味に少し
走れるくらいな感じの波でした

水温はまだそんなに冷たくは
感じないですけど
ジャージのフルではちょっと
冷たくなってきたかも・・・

こちらは一宮周辺の朝の様子を
送ってもらいました

セットは腹胸くらいはあったようで
たまに形良い波も入ってきていた
ようです。

ほとんどの方がブーツを
履いて入っていたようで

千葉北はここ数日で
だいぶ水温が下がったようですね・・・

明日の風と波(千葉・湘南エリア)

午前9時の予想気圧配置

引用:気象庁ホームページhttps://www.jma.go.jp/bosai/weather_map/

 

はるべえ
今夜9時と明日午前9時の
予想気圧配置です

日本の南の海上の前線を伴った低気圧は
東へ移動し中心を北緯30度付近まで
移動させてきます

また今夜日本海側に予想されている
小さな低気圧は、
明日の朝には関東の東海上まで
移動してくることになりそうで

その南側にある低気圧とともに
気圧の谷を形成します。

大陸からは高気圧が張り出してきて
日本列島には等圧線が縦にかかる予想
となっており冬型の気圧配置です

明日の朝は関東の東海上にある
低気圧に向けての風の流れとなりそうで
朝のうちは西よりの風が吹きそうです

その後低気圧が海上を離れていくに従い
風は北西ベースにシフトしてきて

午後には高気圧張り出し部分の
等圧線の流れに沿って
北東の風にまでシフトしてくる
可能性があります

沿岸波浪予想図

引用:気象庁ホームページ
https://www.data.jma.go.jp/waveinf/chart/fwjp.html

 

はるべえ
明日午前9時の
沿岸波浪予想図です

東海上を離れていった高気圧から
吹き出す東南東ベースのうねりが
明日も反応が続きそうです。

予想されているデータとしては
今日よりもややアップしてくる値が
でていますが

東海上の低気圧にむけての
西風が海上でやや強めに吹きそうなので

明日も東南東うねりは反応が少し
抑えられる可能性もあり
予想されているデータ程には
反応してこない可能性もありそうです

明日のざっくり風と波イメージ

ざっくり風とうねり221210

千葉エリアは
東南東うねりが今日よりもやや
アップしてきそうなものの

朝から吹く西寄りの風により
やや抑えられる可能性もあるので・・・

今日と同じくらいのサイズ感で
反応は続く感じではないかと
思います。

今日は一宮周辺では東うねりの
反応がよくなって腹胸くらいの
サイズ感で反応していたようで

かつ明日の午前中は西よりの風で
オフショアが吹きそうなこともあり

一宮周辺がそこそこいい感じな
コンディションになってきそうな
感じがしますね

ブーツを持参して向かったほうが
良さそうですのでお忘れなく

同じく千歳や千倉も同じような
傾向かと思いますが
千葉北のほうが東よりのうねりの
反応は良さそうな感じです

湘南エリアは海上で吹く
西~西南西の風によりサイズアップ傾向
となりますが、前半はこの風により
まとまりのない波となってしまいそう

でも後半は北よりの風にシフトしてきて
波がまとまってくる可能性もありそうです

午後に北よりの風にシフトしてきた
タイミングでうまく入りたいところですね

いい波をあてるためのLINE講座

千葉・湘南エリアの週末の風と波について
休みの日の前夜にブログ記事更新のお知らせ
などを配信中です

またLINE友だち追加して頂いた方には
「天気図から風と波を予想していい波をあてる!」
をテーマにしたLINE講座×全10回

LINE限定で無料配信しています

友だち追加

今後も海が好きな方に役立つ情報を
配信していきたいと思います。
応援よろしくお願いします!

今日の記事は以上です。
本日もお疲れ様でした!

うねりの向きを知っていい波をあてる

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です/貴重な週末の休みの日に海に行くならいい波に乗りたいですよね!\週末サーファーの方なら誰もがそう思っているかと思いま[…]

うねりの向き
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
221210
最新情報をチェックしよう!