PowerArQのおすすめはどれ?アイキャッチ画像

PowerArQのおすすめはどれ?サーフィン×車中泊が快適になるモデルはこれ!

以前にこちらの記事でもおすすめしたポータブル電源「PowerArq」シリーズですが、多彩なモデルが揃っていて、どれを選べば良いのか迷ってしまいませんでしたか?

関連記事

このブログを読んで頂いている皆さんは、季節に関わらずに海へ向かいサーフィンしている方が多いかと思います。でも、やはり夏が近づくと、海に行く回数も増えるでしょうし、タッパーや上半身裸で海に入ってサーフィンするのはホント気持ちいいですか[…]

夏のサーフィンと車中泊を快適に

この記事では、PowerArQシリーズの各モデルを比較し、用途ごとのおすすめの選び方を紹介していきます。

  • PowerArQシリーズの概要と基本情報
  • 容量、出力、充電時間、充電サイクル、重量、価格、保証期間など、各モデルの詳細比較。
  • サーファー観点での一番おすすめのモデル、キャンプやアウトドア、防災、日常使いに最適なモデルを提案

最後に、PowerArQシリーズの総合評価と最適なモデルの選び方についてもまとめます。

毎週末に海へと向かう週末サーファーの皆さんは、ポータブル電源を1台持っておくと非常に便利です

この記事を読んでもらえれば、あなたにぴったりのPowerArQモデルが見つかりますし、より快適なサーフィン×車中泊を過ごすことができるでしょう

>>PowerArQ 公式サイトはこちらから

はるべえがおすすめのポータブル電源「PowerArq」

スマホ充電用の小型のバッテリーを常に持って出かけるという方は多いかと思いますが、「ポータブル電源」となると持っている人はだいぶ少ないのではないかと思います。

ポータブル電源は、今では各社から様々なタイプが販売されているんですが、その中でも、

はるべえ
わたくし「はるべえ」がおすすめなのは「PowerArq」シリーズのポータブル電源です!

こちら、なんでそんなにおすすめなのかというと、理由はこの2点です。

  • デザインがおしゃれでかなりいい感じ → 持っていて気分がいい
  • サーフィン×車中泊するのに十分なスペック

スペックについては各社から出ているもので、そんなに差はないんですけど、やっぱりデザインがいいのが一番気に入ってます

ここではまず、ポータブル電源の選択に迷っている方のために、PowerArQシリーズの魅力と基本情報を詳しく解説します。

PowerArQシリーズの概要と基本情報

PowerArQシリーズは、アウトドアや防災用に最適なポータブル電源として人気を集めています。

特に注目すべきは、その豊富なラインナップと高い信頼性です。

PowerArqラインナップ

PowerArQ 公式サイト

シリーズには「PowerArQ mini2」、「PowerArQ2」、「PowerArQ3」、「PowerArQ S7」、「PowerArQ Pro」、「PowerArQ S10 Pro」、「PowerArQ Max」の7機種があり、それぞれが異なる容量と出力を持ちます。

例えば、「PowerArQ2」は500Whのバッテリー容量を持ち、スマホを約28回充電できる性能を誇ります。

一方、「PowerArQ Max」は2150Whの大容量バッテリーを搭載し、長期間のキャンプや非常時に十分な電力を提供します。

このように、各モデルは用途に応じた特徴を持ち、必要な機能を選びやすいのが特徴です。

PowerArQシリーズを選ぶ理由

PowerArQシリーズを選ぶ理由は、

個人的にはそのデザインがいい感じで、持って使っていると気分がよい

というのが一番の理由ですが、スペック的にも信頼性の高さと充実した機能性がおすすめな理由にあります。

まず、充電方法が多様で、家庭用コンセント、シガーソケット、ソーラーパネルでの充電が可能です。特に「PowerArQ S10 Pro」は急速充電機能を備えており、約1.5時間でフル充電が可能です。
また、各モデルは安全性にも優れており、過充電防止機能や温度管理機能が搭載されています。例えば、「PowerArQ S7」や「PowerArQ S10 Pro」、「PowerArQ Max」にはリン酸鉄リチウムイオン電池が使用されており、寿命が長く発火のリスクが低い点も大きな魅力です。
さらに、軽量で持ち運びが容易なデザインも魅力の一つです。「PowerArQ mini2」は重量が4.7kgと軽く、女性でも簡単に持ち運ぶことができます。

このように、PowerArQシリーズは信頼性と利便性を兼ね備えたポータブル電源として、多くのユーザーに支持されている人気の商品です。

サーフィン×車中泊には「PowerArQ 2」がおすすめ!

PowerArQ2_Rakuten_pc5

PowerArQシリーズは7つのモデルがあるとお伝えしましたけど、

はるべえ
サーフィン×車中泊には「PowerArQ 2」がおすすめです!

なんでオススメしているかといいますと、こちらです。

  • PowerArQシリーズの中で唯一カラーが6種類もある!
  • サーフィン×車中泊するのに十分なスペックがある

他のモデルは2-3カラーからしか選べないんですが、「PowerArQ 2」は6カラーから選べます!。

PowerArqカラーバリエーションPowerArQ 公式サイト

やっぱりこのカラーバリエーションの中から選べるのがいいですよね。

クルマの色や内装の色、はたまたサーフボードやウエットスーツの色に合わせて選んでみるというのもよいかもしれません。

そしてサーフィン×車中泊するには十分なスペック揃っています。

PowerArQ2_Rakuten_pc6

これだけ使えれば、夏の週末の車中泊にも十分快適に使える電源容量だと思います。

そんな理由で、サーフィン×車中泊には「PowerArQ 2」がおすすめなんです。

PowerArQを使って自由なサーフィンライフを

PowerArQ2を使用することで得られる最大のベネフィットは、自由なサーフィン(アウトドア)ライフの実現です。

サーファーは毎週のように海に向かい、時にはクルマで遠出してのショートトリップや車中泊して朝から夕方までサーフィンすることも多いです。

そんなビーチにいる時間の長いサーファーは、当然ですが近くにコンセントなんてありませんので、何かと電源の確保が必要です。

クルマのエンジンをずっとかけておく訳にはいきませんので、そんなときに活躍するのが「ポータブル電源」です。

電源の確保が難しい場所でも、スマホやカメラの充電、小型冷蔵庫や電気毛布の使用が可能になり、ビーチにいるときの快適さが飛躍的に向上します

例えば、週末に仲間と一緒に海へ行くときには、それぞれがスマホやタブレットを充電できますし、休憩している時間はYoutubeでサーフィン関連の動画やWSLのライブ配信を楽しむなど、おのおので好きな時間を過ごすことができます。

また、車中泊でも小型冷蔵庫を使って新鮮な食材を保存し、朝には温かいコーヒーを淹れることができます。

また、サーフポイントでの優雅な時間を楽しむだけでなく、災害時の備えとしても非常に有効です。

防災用途では、停電時に電気毛布やLEDライトを使用して快適さと安全性を確保し、自宅でも安心して過ごせる環境を提供します。

はるべえ
このように、PowerArQ2はおしゃれなデザインだけでなく、実用性も兼ね備えたポータブル電源なんです。

次は、各モデルの特徴を比較し、最適な選択をするためのポイントを解説します。

PowerArQシリーズのスペック比較

PowerArQシリーズは、多様なニーズに応えるためにさまざまなモデルを提供しています。

ここでは、容量、出力、充電時間、充電サイクル、重量、価格、保証期間の7つの観点から各モデルを比較し、用途ごとに最適な選択をしていきましょう。

モデル容量 (Wh)出力 (W)充電時間 (時間)充電サイクル (回)重量 (kg)価格 (円)保証期間 (年)
PowerArQ mini230030075004.744,0003
PowerArQ250030075006.269,3003
PowerArQ355550045007.988,0003
PowerArQ S7716700430009.579,2005
PowerArQ Pro100010007.550010.4132,0003
PowerArQ S10 Pro102416001.5200012.5143,0005
PowerArQ Max215020003300028.2264,0005

こちらの表をもとに、各モデルの詳細を1つ1つ見ていきましょうか。

1.容量の比較

PowerArQシリーズの各モデルは異なるバッテリー容量を持っています。

例えば、「PowerArQ mini2」は300Wh、「PowerArQ2」は500Wh、「PowerArQ3」は555Wh、「PowerArQ S7」は716Wh、「PowerArQ Pro」は1000Wh、「PowerArQ S10 Pro」は1024Wh、「PowerArQ Max」は2150Whです。

大容量モデルは長時間の使用に適していますが、持ち運びが難しくなる場合があります。

2.出力の比較

各モデルの出力も異なります。

「PowerArQ mini2」と「PowerArQ2」は300W、「PowerArQ3」は500W、「PowerArQ S7」は700W、「PowerArQ Pro」は1000W、「PowerArQ S10 Pro」は1600W、「PowerArQ Max」は2000Wの出力を持ちます。

電気ポットの使用には700~1000Wが必要なので、電化製品を多く使う場合は出力の大きいモデルがおすすめです。

3.充電時間の比較

各モデルの充電時間も重要な比較ポイントです。

「PowerArQ mini2」は約7時間、「PowerArQ2」は約7時間、「PowerArQ3」は約4時間、「PowerArQ S7」は約4時間、「PowerArQ Pro」は約7.5時間、「PowerArQ S10 Pro」は約1.5時間、「PowerArQ Max」はデュアル充電で約3時間でフル充電可能です。

特に「PowerArQ S10 Pro」は急速充電機能があり、短時間で充電が完了します。

4.充電サイクルの比較

充電サイクルは、各モデルが何回充電・放電できるかを示します。

「PowerArQ mini2」、「PowerArQ2」、「PowerArQ3」、「PowerArQ Pro」は500回、「PowerArQ S7」は3000回、「PowerArQ S10 Pro」は2000回、「PowerArQ Max」は3000回です。

特に「PowerArQ S7」、「PowerArQ S10 Pro」、「PowerArQ Max」はリン酸鉄リチウムイオン電池を使用しており、寿命が長く安全性が高いです。

5.重量の比較

重量は持ち運びのしやすさに影響します。

「PowerArQ mini2」は4.7kg、「PowerArQ2」は6.2kg、「PowerArQ3」は7.9kg、「PowerArQ S7」は9.5kg、「PowerArQ Pro」は10.4kg、「PowerArQ S10 Pro」は12.5kg、「PowerArQ Max」は28.2kgです。

軽量モデルを選ぶ場合、10kg以下の機種が適しています

6.価格の比較

価格も重要な要素です。

「PowerArQ mini2」は44,000円、「PowerArQ2」は69,300円、「PowerArQ3」は88,000円、「PowerArQ S7」は79,200円、「PowerArQ Pro」は132,000円、「PowerArQ S10 Pro」は143,000円、「PowerArQ Max」は264,000円です。

機能面と価格のバランスを考えると、「PowerArQ S7」は特にコストパフォーマンスが良いモデルです。

7.保証期間の比較

保証期間も考慮すべきポイントです。

「PowerArQ mini2」、「PowerArQ2」、「PowerArQ3」、「PowerArQ Pro」、は最大3年、「PowerArQ S7」、「PowerArQ S10 Pro」、「PowerArQ Max」は最大5年の保証があります。

公式オンラインショップでの購入と保証登録が必要です。

これらの比較をもとに、自分の用途に最適なPowerArQモデルを選びましょう。

次は、各モデルの特徴についてさらに詳しく解説します。

 

PowerArQシリーズ 各モデルの特徴

PowerArQシリーズには、多彩なモデルがあり、それぞれ異なる特徴と用途があります。

ここでは、各モデルの具体的な特徴について詳しく解説します。>>PowerArQ 公式サイトはこちらから

PowerArQ mini2

PowerArQ mini2」は、300Whの容量を持ち、コンパクトで持ち運びに便利なモデルです。

重量は4.7kgで、女性でも持ち運び可能です。

出力は300Wで、スマホの充電や小型家電の使用に最適です。

価格も44,000円と比較的手頃で、初めてのポータブル電源としてもおすすめです。

フル充電に約7時間かかり、500回の充電サイクルを持ちます。

PowerArQ2

PowerArQ2」は500Whの容量があり、出力は300Wです。

重量は6.2kgで、比較的軽量なため持ち運びが容易です。

価格は69,300円で、スマホやノートパソコン、LEDランタンなどの充電に最適です。

フル充電には約7時間かかり、500回の充電サイクルを持ちます。

容量と出力のバランスが取れたモデルであり、サーフィン×車中泊にはおすすめのモデルです

PowerArQ3

PowerArQ3」は、555Whの容量と500Wの出力を持つモデルです。

重量は7.9kgで、やや重めですが、高出力が必要な場面に対応します。

価格は88,000円で、フル充電に約4時間かかります。

500回の充電サイクルを提供し、急速充電機能が魅力です。

多くのデバイスを同時に使用する場合に適しています

PowerArQ S7

PowerArQ S7」は、716Whの容量と700Wの出力を持つモデルです。

重量は9.5kgで、やや重めですが、非常に高い出力を提供します。

価格は79,200円で、フル充電に約4時間かかります。

充電サイクルは3000回と非常に多く、長寿命のリン酸鉄リチウムイオン電池を使用しています。

高出力が必要な場合や、長期間の使用に最適であり、コストパフォーマンスに優れたモデルと言えるでしょう。

PowerArQ Pro

PowerArQ Pro」は、1000Whの容量と1000Wの出力を持つモデルです。

重量は10.4kgで、重さはありますが、非常に高い出力を提供します。

価格は132,000円で、フル充電には約7.5時間かかり、500回の充電サイクルを持ちます。

大容量で高出力を必要とするシーンに最適です。

PowerArQ S10 Pro

PowerArQ S10 Pro」は、1024Whの容量と1600Wの出力を持つモデルです。

重量は12.5kgで、急速充電機能があり、約1.5時間でフル充電が可能です。

価格は143,000円で、充電サイクルは2000回と多く、長寿命のリン酸鉄リチウムイオン電池を使用しています。

短時間での充電が必要な場合や、多くの電力を消費するデバイスに最適です。

PowerArQ Max

PowerArQ Max」は、2150Whの容量と2000Wの出力を持つ最上位モデルです。

重量は28.2kgで、非常に重いため持ち運びには不向きですが、最大の容量と出力を提供します。

価格は264,000円で、デュアル充電で約3時間でフル充電が可能です。

充電サイクルは3000回と多く、非常時の電源としても最適です。

大容量が必要な長期間のキャンプや災害時の備えに最適なモデルです。

>>PowerArQ 公式サイトはこちらから

各モデルの特徴を理解し、用途に応じた最適なPowerArQを選びましょう。

PowerArQ おすすめモデルの選び方

PowerArQシリーズの多彩なラインナップから、用途に最適なモデルを選ぶことは重要です。

ここでは、サーフィン×車中泊の他に、キャンプやアウトドア、防災、日常使いの3つのシーンに合わせたおすすめモデルを紹介します。

サーフィン×車中泊

PowerArqカラーバリエーションPowerArQ 2 ポータブル電源

こちらは先ほども記載したとおり、サーフィン×車中泊には「PowerArQ 2」がおすすめです!

内容は先ほど記載したとおりなので、ここでは割愛します。

キャンプやアウトドア用

PowerArQ_S7

キャンプやアウトドアでの使用には、「PowerArQ2」や「PowerArQ S7」が特におすすめです。

サーフィン×車中泊でもおすすめしている「PowerArQ2」は、500Whの容量と300Wの出力を持ち、スマホやカメラの充電、小型冷蔵庫の使用に十分な性能を提供します。

重量は6.2kgと比較的軽量で持ち運びにも便利です。

一方、「PowerArQ S7」は716Whの大容量と700Wの高出力を持ち、電気ポットや小型炊飯器なども使用可能です。

重量は9.5kgとやや重めですが、充電サイクルが3000回と非常に長寿命で、長期間のキャンプにも対応します。

コスパ重視な方には「PowerArQ S7」がよいかもしれません。

防災用

PowerArQ Max

防災用としては、「PowerArQ S10 Pro」や「PowerArQ Max」が最適です。

PowerArQ S10 Pro」は1024Whの容量と1600Wの高出力を持ち、緊急時の電力供給に非常に信頼性があります。

急速充電機能により約1.5時間でフル充電が可能で、短時間で準備が整います。

重量は12.5kgと重いですが、リン酸鉄リチウムイオン電池を採用しており、安全性と長寿命を兼ね備えています。

PowerArQ Max」はさらに大容量の2150Whと2000Wの出力を持ち、非常時に家全体の電力を賄うことも可能です。

重量は28.2kgと非常に重いため、持ち運びには不向きですが、固定場所での使用には最適です。

日常使い用

PowerArQ mini2 2024-06-30 203236

日常使いには、「PowerArQ mini2」が便利です。

「PowerArQ mini2」は300Whの容量と300Wの出力を持ち、スマホやタブレットの充電、ノートパソコンの使用に十分です。

重量は4.7kgと他のモデルと比較して軽量です。

普段の外出時の持ち運びにという訳にはいきませんが、ちょっとした屋外イベントでの電源供給にはもってこいです

例えばピクニックやバーベキュー、ガーデンパーティーなどの屋外イベントで、「PowerArQ mini2」を利用すれば、スピーカーやポータブルプロジェクター、スマホなどの電源を確保できます

音楽を楽しんだり、映像を鑑賞したりするのに便利です。

持っていくのが少し重いかもしれませんが、学校や図書館での長時間の勉強にも使えると思います。

「PowerArQ mini2」があれば、コンセントの位置を気にせずに勉強場所を選べます

価格も44,000円と手頃で、初めてのポータブル電源としても適しています。

はるべえ
これらのモデルを参考に、自分の用途に最適なPowerArQを選んでください。

各モデルの特徴を理解し、必要な機能と性能を持ったポータブル電源を見つけることが、快適なアウトドアライフや安心な防災準備に繋がります。

まとめ:PowerArQのおすすめはどれ?

今回は「サーフィン×車中泊」におすすめのPowerArQモデルはどれか?というテーマでした。

PowerArQシリーズは、多彩なモデルと優れた性能で、さまざまな用途に対応できるポータブル電源として人気を集めていますが、これだけのラインナップとカラーバリエーションがあると、どれを選んだらよいか迷ってしまいますよね。

でもここまで読んでもらえたなら、どのモデルにするのかはおおよそ決まったかと思いますし、あとはカラーをどれにしようか・・・?といったところでしょうか。

  • サーフィン×車中泊には「PowerArQ 2」がおすすめです!
  • 長期間のキャンプやアウトドア活動には「PowerArQ S7」が最適です!
  • 防災用には、「PowerArQ S10 Pro」や「PowerArQ Max」を選んでください!
  • ちょっとした屋外イベントでの電源供給には「PowerArQ mini2」がぴったりです!

PowerArQシリーズは、どのモデルも高い信頼性と利便性を兼ね備えています。

これら用途・活動シーンに応じて最適なモデルを選び、快適で安心な電力供給の環境を準備して、休日を大いに楽しみましょう!

この記事を読んで、あなたにぴったりのPowerArQモデルを手に入れてもらえたら嬉しいです。

“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
PowerArQのおすすめはどれ?アイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!