オリンピック サーフィンのヒート表と大会日程が発表!志田下にいい波入ってきて欲しい!

サーフィンがはじめてオリンピックの
競技種目となる記念すべき大会が
日本の千葉・志田下で行われることは
我々サーファーにとっては、
何とも感慨深いことですよね

コロナ禍となりオリンピック自体の
開催も危ぶまれながらも
無観客という条件はあるものの
開催される運びになりました。

もうこの先の人生では
決してみられないであろう
オリンピック サーフィンの
日本での開催

先日ついにヒート表が
ISA(International Surfing Association)から
発表がありました!

今回はISAより発表された内容をベースに
どんな組み合わせになっているのか?
決勝までの道のりや出場選手とスケジュールなど

ISAのホームページに書かれていることを
自分なりの言葉にして記事にしているだけ
かもしれませんけど・・・😅

なるべくわかりやすく記事にしてみようと思います

元の情報は以下のISAホームページに記載されています
https://isasurf.org/event/tokyo-2020/

Tokyo 2020

はるべえのKindle本も全3冊無料で読める!30日間無料キャンペーン中

出場選手と選考方法のおさらい

今回のオリンピック サーフィン競技への出場選手は
Men/Womenそれぞれ20名となります

今回のサーフィンオリンピック出場枠
については少し複雑な選考となっていて
説明されている情報をよく見ないと
わからなかったので・・・
かみ砕いて記載していきます

全体の出場枠について

今回のサーフィン競技における全体の出場枠は
Men/Womenそれぞれ20名。

なんかちょっと少ない気もしますよね
もっと多くても良さそうなんですけど

この男女それぞれ20名を選考していく訳ですが、
国・地域の出場枠というものがあり、
これが最大で男女それぞれ2名

つまり1つの国で男女合わせて
最大で4名まで枠がある
ということになります。

日本はオリンピックの開催国ということで
特別に開催国の枠が男女それぞれ1名確保されてます。

代表選手の選考方法

以下4つの選考の枠があり
それぞれの大会において出場条件をクリア
した選手
がオリンピックのチケットを
手にすることになります

  1. 2019 WSL Championship Tour
  2. 2021 World Surfing Games
  3. 2019 World Surfing Games 
  4. 2019 Pan Am Games

 

1つめはプロサーフィンのツアーとなる
WSL Championship Tour(CTと略される)の
2019 年間ランキングで、
男子が上位10名、女子が上位8名に入ること

ただ上位に入っただけでは出場権を得ることは
できず、2021年のISA World Surfing Gamesに
出場することが条件となります。

 

2つめの出場条件
2021年5月末からエルサルバドルで開催された
ISA World Surfing Gamesにおいて、

上記①の条件となるCT枠以外の選手
男子が上位5名、女子が上位7名に入ること

 

3つめの出場条件は
2019年9月に宮崎で開催された
ISA World Surfing Gamesにおいて
日本の場合はアジア地域で1位になること

2019年の宮崎のISAはボクも
日帰りで観にいきましたけど・・・

関連記事

世界レベルのサーフィンを観戦しに宮崎へ2019年9月7日から15日まで宮崎の木崎浜で開催されている、ISAワールドサーフィンゲームスを観戦してきました(Day6 ; 9/12)。実は元々は観戦する予定はなかったのですが、世界のト[…]

この大会でアジア地域で1位になったのは
村上舜選手と松田詩野選手でしたが
この時点では出場権としては”暫定”となり、
2021年のエルサルバドルの World Surfing Games
の成績のほうが優先されることで扱われます。

はるべえのKindle本も全3冊無料で読める!30日間無料キャンペーン中

サーフィン日本代表選手が4名決定!

上記のちょっとややこしい選考方法を経て
日本代表選手となる男女2名が決まりました

CTで活躍する 五十嵐カノア選手は
①の2019年のWSL CTにて年間ランキング6位となり
CT枠にて出場権を獲得

残り1枠は②のエルサルバドル開催されたISA WSGにおいて
大原洋人選手が4位、村上舜選手が6位の結果に
➂の宮崎WSGで暫定枠を得ていた村上選手を
大原選手が上回ったことで、大原洋人選手が出場権を得る
ことになりました

女子についても ➂の宮崎WSGで松田詩野選手が
暫定枠を獲得していたものの

②のエルサルバドルWSGでは前田マヒナ選手が8位、
都筑有夢路選手が9位、松田詩野選手は41位
という
結果となり、

➂宮崎で得た暫定出場枠より②のエルサルバドルの結果が
優先されることで、前田マヒナ選手と都筑有夢路選手が
出場権を得ることになりました

オリンピック出場選手 男女各20名の顔ぶれ

今回のサーフィン競技における全体の出場枠となる
Men/Womenそれぞれ20名の選手はこちらです

ISAのホームページから引用しています
https://isasurf.org/tokyo-2020-qualifiers/

各選手がどの選考枠での出場なのかが
こちらでわかるかと思います

Men:

①2019 WSL Championship Tour:

Gabriel Medina (BRA)
Italo Ferreira (BRA)
Kolohe Andino (USA)
John John Florence (USA)
Owen Wright (AUS)
Julian Wilson (AUS)
Jeremy Flores (FRA)
Michel Bourez (FRA)
Kanoa Igarashi (JPN)
Leonardo Fioravanti (ITA)

②2021 World Surfing Games

Leon Glatzer (GER)
Miguel Tudela (PER)
Lucca Mesinas (PER)
Manuel Selman (CHI)
Hiroto Ohhara (JPN)

➂2019 World Surfing Games

Rio Waida (INA)
Frederico Morais (POR)
Billy Stairmand (NZL)
Ramzi Boukhiam (MAR)

④2019 Pan Am Games

Leandro Usuna (ARG)

引用:https://isasurf.org/tokyo-2020-qualifiers/

 

Women:

①2019 WSL Championship Tour

Carissa Moore (USA)
Caroline Marks (USA)
Tatiana Weston-Webb (BRA)
Silvana Lima (BRA)
Brisa Hennessy (CRC)
Sally Fitzgibbons (AUS)
Stephanie Gilmore (AUS)
Johanne Defay (FRA)

②2021 World Surfing Games

Yolanda Sequeria (POR)
Teresa Bonvalot (POR)
Daniella Rosas (PER)
Leilani McGonagle (CRC)
Mahina Maeda (JPN)
Amuro Tsuzuki (JPN)

Pauline Ado (FRA)

➂2019 World Surfing Games 

Anat Lelior (ISR)
Bianca Buitendag (RSA)
Ella Williams (NZL)
Sofia Mulanovich (PER)

④2019 Pan Am Games

Dominic Barona (ECU)

引用:https://isasurf.org/tokyo-2020-qualifiers/

 

ヒート表と競技フォーマット

ISAから発表されたヒート表を以下掲載します
こちらのヒート表もISAのホームページから
引用して掲載させていただいてます

ISA:https://isasurf.org/downloads/HEATS_AND_DRAW_TOKYO_2020.pdf

男子ヒート表

men_Round1

 

まず目に飛び込んできたのは
オープニング・ヒートで
いきなり大原洋人と2019年のワールドチャンピオン
イタロ・フェレイラが対決
します

大原選手は開催ポイントとなる志田下をホーム
ポイントとしており、いつもの志田下の波であれば
十分勝ち上がることができるのではないかと
期待されます

つい先日ご結婚も発表されたばかりということで
この勢いでぜひメダル獲得して欲しいですね

 

この投稿をInstagramで見る

 

大原洋人(@hirotoohhara)がシェアした投稿

第2ヒートには五十嵐カノアが登場
順当に勝ち上がってもらいたいものです

第3ヒートには、
Kolohe AndinoとJulian Wilsonの対決

第4ヒート
J. John Florence とOwen Wrightの対決

第5ヒート
Gabriel Medinaが登場するなど

日本で久しぶりにWCTが開催される
ような豪華なヒートで
こんなの日本ではもう見られないだろうから
観戦に行きたかった…

女子ヒート表

woman_Round1

 

女子は第2ヒートに前田マヒナ、
第4ヒートに都筑有夢路がそれぞれ出場します

第1ヒートにはCarissa Mooreが登場
男子顔負けのパワフルなサーフィンを
みたいですね

第3ヒートにはStephanie Gilmore
しなやかなサーフィンを一度は
目視で観たかった…

第5ヒートのCaroline Marks も
注目ですね

競技フォーマット

ヒート表男子2
引用  ISA:https://isasurf.org/downloads/HEATS_AND_DRAW_TOKYO_2020.pdf

サーフィンは基本的には
トーナメント形式で行われます。

ただ上記で引用掲載したヒート表では
Round1は4人毎のヒートで計5ヒートあるので
わかりやすいんですけど、

そのあとRound2、Round3にどうやって
進むのかが、これだけ見ただけではよくわからない
ですよね・・・

ということで、
こちらも同じくISAのホームページに記載が
ありましたので、そちらベースに解説していきます

Round 1

The first round is non-elimination. Surfers will be seeded into five heats of four surfers each, with the top two surfers advancing straight to Round 3. The bottom two surfers will be seeded into Round 2, the first elimination round.

1回戦はnon-elimination、eliminationは除去とかいう意味なので
つまりこの1回戦では敗者なしということで、1回戦で負けたとしても
2回戦には出場できるということです

上位2名のサーファーがラウンド3に進出し
下位2名のサーファーはラウンド2の敗者復活戦に挑みます

Round 2

The second round will include two heats of five surfers each. The top three surfers of each heat will advance, while the bottom two surfers will be eliminated from the competition.

2回戦は敗者復活戦
1回戦で3位4位となった選手が、
2回戦では5人ヒートで戦うことになり

上位3名は3回戦に進むことができますが
下位2名はこの時点で敗退ということになります
eliminated from the competition

Round 3

Surfers will be seeded into eight heats of two surfers each. The surfer who places first moves through the bracket, while the surfer who places second is eliminated.

3回戦からは2人ヒートのマンオンマン形式で8ヒートあります
1位の選手は4回戦へ、2位の選手はここで敗退
moves through the bracketという表現を使うんですね

Tokyo 2020 Surfing Day2

引用掲載:https://olympics.com/tokyo-2020/olympic-games/en/results/surfing/olympic-schedule-and-results.htm

Round 4 (Quarterfinals)

Features four heats of two surfers. The top surfer of each heat advances. The surfer in second is eliminated.

準々決勝も2人ヒートのマンオンマンでの対決
1位の選手は準決勝へ、2位の選手はここで敗退
ここでは The top surfer of each heat advances という
表現が使われています

7月26日 22時更新

スケジュールが変わったとのことで
7月27日に一気に決勝までやってしまうようです。

オリンピックサーフィンDay3

引用掲載:https://olympics.com/tokyo-2020/olympic-games/en/results/surfing/olympic-schedule-and-results.htm

Round 5 (Semifinals)

Two heats of two surfers. The top surfers go to the final. The bottom two surfers go to the Bronze Medal match.

準決勝も同じく2人ヒートで
勝てば決勝、負ければ3位決定戦です

Bronze Match

A two-person heat where the top surfer earns the Bronze Medal.

3位決定戦は当然勝った選手が銅メダル

Gold Match

A two-person heat where the top surfer earns the Gold Medal and the second placing surfer earns the Silver Medal.

決勝戦も買ったら金メダル、負けたら銀メダルですね

こちらは最終結果です

オリンピックサーフィンDay4

 

大会スケジュール

7月25日の日曜日の朝から競技が始まる予定。

当然ながら波のコンディションによって
競技ができる出来ないの判断にもなってくるので

8月1日の日曜日までは競技期間として
割り当てられているようです。

他の五輪競技と異なり
自然の影響をモロに受けるサーフィンの大会は
このようにある程度の幅を持たせて

その期間内で一番競技に適したコンディション
となるであろう4日間で競技が進行していく
ことになります。

7月25日からはじまって4日間で
競技が全て終えられたとすると
以下のような大会進行となる予定です

Sun 25 July 7:00 – 16:20

  • Men’s Round 1
  • Women’s Round 1
  • Men’s Round 2
  • Women’s Round 2

Mon 26 July 7:00 – 16:40

  • Women’s Round 3
  • Men’s Round 3

Tue 27 July 7:00 – 14:20

  • Men’s Quarterfinals
  • Women’s Quarterfinals
  • Men’s Semifinals
  • Women’s Semifinals

Wed 28 July 8:00 – 11:35

  • Women’s Bronze medal match
  • Men’s Bronze medal match
  • Women’s Gold medal match
  • Men’s Gold medal match
  • Women’s Victory Ceremony
  • Men’s Victory Ceremony

予備日

  • Thu 29 July
  • Fri 30 July
  • Sat 31 July
  • Sun 1 Aug

 


Live配信は gorin.jp で見れます

テレビではほとんど生中継はされないサーフィンですが
Live配信で全てのヒートを見ることができます

こちらの gorin.jpのサイト から全ての競技の
状況がわかります。

gorin.jpとは?

民放テレビ局によるオリンピック公式競技動画配信サイトです
紹介ページから一部引用して掲載します

2008年の北京オリンピックからスタートした、
民放テレビ局によるインターネットでのオリンピック公式競技動画配信サイト。
それが「gorin.jp」です。

東京オリンピックでは、民放各局が放送する全競技のライブ配信を実施する予定で、
主要な種目に関しては、放送と同様に日本語の実況と解説付きでお楽しみいただけます。
放送されない競技に関しても、一部の競技をのぞいて、ライブ配信を実施。
期間中、約2000時間のライブ配信を実施する予定です。
また、日本人選手の活躍を中心に、様々な競技のハイライト映像も配信。
オリンピックの感動を何度でもお楽しみいただけます。

早朝から深夜まで、様々な会場で、たくさんの競技が行われるオリンピック、
民放テレビ局はテレビ放送とgorin.jpで盛り上げていきます。
ぜひ、テレビ、パソコン、スマートフォンなど、様々なデバイスで、
オリンピックをお楽しみください。

引用:gorin.jpとは? https://gorin.jp/info/about/

 

このサイトはいいですね
サーフィン以外の種目においても
日本人選手の状況がサムネイル画像で
ひと目て把握できて使い勝手がよいと思います

サーフィンのLive配信はこちらから
https://gorin.jp/live/game/SRF/

Twitterもフォローしておくと良さそうです
https://twitter.com/gorinjp

 

サーフィン会場は「Tsurigasaki Surfing Beach」

志田下

サーファーの方なら知らない人は
ほぼいないであろう釣ケ崎海岸、通称「志田下ポイント」

波乗り道場と呼ばれるこのポイントは
プロや上級者が多くいつもレベルの高いサーフィンが
見られます

東に開いたビーチブレイクのポイントで
オフショアは西ですが、

太東ポイント近くに小さな山があることで
強い南風のときでも一宮や東浪見よりも
風を軽減し面への影響が少ないことが多いです

逆に北東の風が吹いてしまうと
モロにオンショアとなってしまい
コンディションはダウンしてしまいます

ボクはあんまり志田下で入ることはないのですが
大きなコンテストが開催されるときは
よく観にいきます

こちらは2017年に開催された
QS6000 GOTCHA ICHINOMIYA CHIBA OPEN
のときのものです

志田下

こんな感じでオリンピックも観戦して
フェスとかも同時開催されたりして
楽しめると思っていたのですが、、、
残念ですけど仕方ないですね。

Youtubeにも志田下で開催されたときの
コンテストの様子などの動画もあるので
よろしければ合わせてご覧ください

まとめ

競技期間中にどんな波が入ってくるのか?

こればっかり考えてしまいますけど
これだけのメンバーが志田下に集まる訳ですから

腰腹のオンショアの波ではなく
筋張った周期の長いサイズの大きなうねりが
入ってきてほしいところですね

一般サーファーレベルではクローズアウトな
コンディションくらいのほうが
選手達にとっては良いのではないかと思います

いいタイミングで台風からのうねりが
入ってくるなどになればよいのですが

こればっかりは天のみぞ知るということで
もう期待するしかありません

テレビからの観戦となり
誰が競技の解説をするのかなども
気になるところではありますが、、、

素晴らしい大会になることを
期待しましょう!

海での怪我について

サーフィン中に怪我をするケース・パターンとはサーフィンを長いことやっていると1度や2度ではおさまらないくらい怪我をすることはよくあることです。サーフィン中に怪我をしてしまうケースはいろんなパターンがありますが、大きく分け[…]

安全にサーフィン画像
エリア毎の特徴:日本海

ポイント毎に異なるうねりの反応前回と前々回の記事にて、千葉から宮崎までのメジャーなエリアを中心に、どのエリアにはどんな方向のうねりが反応するのかをざっくり書いてみました。[sitecard subtitle=関連記事 url[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(日本海エリア)
週末に通うポイント

週末サーファーは毎週のように海に通ってサーフィンする方が多いと思います。1年間はだいたいの年は52週あるとして、春夏秋冬の毎週欠かさず海に行くとすると1年間で52回海に行くことになります。私の場合、海に行[…]

オリンピック志田下
最新情報をチェックしよう!