10/6 ASAS

  • 2016年10月6日
  • 2018年9月17日
  • 2016

10/6 3:00
T1618は昨晩のうちに温低化し三陸沖に抜けた
夜のうちにT1618に向けて強く吹いた南から南西の風の影響でポイントによってはバラけたまとまりのない状態が続く
千葉エリアでは西から南西よりの風がそれ程強くは吹いていない模様
一宮周辺では南西の風が合うので面はクリーンの腰腹サイズ、風が合わないポイントはグチャついていてまとまりなく、飯岡では風がまだ強く風クローズな状況
東海上には多くの波の発生源があり、これらが重なり今後もややまとまりに欠ける状態になりそう
湘南は北から北東ベースの風になっていて、南から南西ウネリはまだ残っているが、サイズダウンは早そうか
T1619が発生、このまま西進し影響はなさそう
また天気図にはあらたなTDも発生している

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 台風を良く知るための連載(2回目)2 台風の発生するエリア2.1 ①風が収束して大量の雲が発生2.2 ②海水温が26~27度以上2.3 ③渦を巻く力が働きだす3 台風のエネルギー源と発達3.1 上昇気流が大量の水蒸気を吸い込む3.2 発達の過程でも重要なのは海水温4 季節ごとの台風のコース […]

サーフィンをする上で、海や気象の知識が必要となります。 それは、このブログのテーマにもなっている、”いい波”に乗るために”、そして ”安全にサーフィンを楽しむために” も知っておいて損はないですし、ぜひ知っておきたい内容です。 波乗りのための気象に関する知識と経験則については、波乗り気象学のカテゴリ […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!