10/20 ASAS

  • 2016年10月20日
  • 2018年9月17日
  • 2016

10/20 3:00
T1622からのウネリが太平洋側に届いている
南向きのポイント中心にサイズアップ
御前崎ではすでにオーバーヘッド
和歌山磯ノ浦と四国内妻もサイズアップ
湘南でもかなりセット間長そうだが腰胸サイズがブレイクし風も弱めの北が吹いて、潮の時間帯を選べばよさそうな感じ
平砂浦でも腰サイズが割れてきた
一方、千葉や茨城、国府の浜など東向きのエリアでは引き続き南東から東のウネリが入る
千葉では朝一風も北から北西が弱めに吹いて、ウネリも昨日よりまとまり出してきているのでコンディションは良くなってきている
茨城の各ポイントもコンディションよさそう
今日は太平洋側ではどこでもソコソコ遊べて、天気もよく夏日になりそうなので、楽しめる一日になりそう
しかしこれから北日本を寒冷前線が通過し、明日にかけて冬型の気圧配置になってくる
北から北西の風が吹きやすく、日本海側でも週末にかけてできるところがありそう

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

前回の記事「天気と気象を知るためのキーワード/用語集(その1)」では、主に気象学の観点から大気の熱力学、降水過程、大気の放射と運動に関してのキーワード/用語をずらずらと記載しました。 今回はそのシリーズの2回目です。 内容は気象観測全般に関することから天気予報の作成に関する内容までを記載しています。 […]

目次 1 台風を良く知るための連載(2回目)2 台風の発生するエリア2.1 ①風が収束して大量の雲が発生2.2 ②海水温が26~27度以上2.3 ③渦を巻く力が働きだす3 台風のエネルギー源と発達3.1 上昇気流が大量の水蒸気を吸い込む3.2 発達の過程でも重要なのは海水温4 季節ごとの台風のコース […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!