毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

1/16 3:00 ASAS

  • 2018年1月16日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

1/16 3:00 ASAS
昨日日本海北部から東進した低気圧は千島近海へ移動したが今朝も日本付近は帯状の高気圧に覆われている。
昨日低気圧へ向けて吹いた南西の風により風波でサイズアップしたエリアも多かったが今朝は既にサイズダウン傾向。今晩からは東シナ海には別の低気圧が発生し本州付近を横断していく見込み、この低気圧は東海上に抜けた後はいい感じで北東うねりが入る気圧配置になりそうな気がするので要チェック。
今朝の千葉エリアは無風から弱い北西から南西の風。昨日は一宮周辺では腰腹くらいまでアップし風が合い楽しめるコンディションになったが今朝は腿腰サイズにダウン傾向。九十九里エリアでは膝腿サイズと物足りない。
鴨川から南では昨日の南西の風波が残り今朝は腰腹サイズが残っている。ヨレが入ってよくはないが北部よりかは遊べそう。平砂浦も腰サイズ残っていてかろうじて出来るかのコンディション。
湘南は昨日は胸肩くらいまでアップしたものの今朝は鵠沼で膝腿くらいのスモールコンディション。今日はこのままのコンディションになりそう。午後まで時間あるかたはアクアラインかフェリーで南房総へ渡ったほうがいいかも。ただサイズダウン早いかもなので早めが無難な感じ。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 ポイント毎に異なるうねりの反応2 鳥取エリア3 兵庫エリア4 京都エリア4.1 丹後エリア4.2 舞鶴エリア5 福井エリア5.1 高浜エリア5.2 敦賀エリア5.3 三国エリア サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト ポイント毎に異なるうねりの反応 前 […]

目次 1 なぜサーファーが台風に注目するのか?2 そもそも台風とは何なのか2.1 台風かどうかは中心付近の最大風速で決まる2.2 発生する地域によって呼び方が異なる2.2.1 台風2.2.2 ハリケーン2.2.3 サイクロン2.2.4 ウィリーウィリー2.3 台風の名前3 台風の強さと大きさ3.1 […]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!