1/18 3:00 ASAS

  • 2018年1月18日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

1/18 3:00 ASAS
昨日本州付近を東進した低気圧は東の海上に抜けた。今回の低気圧は前線を伴い中心付近の等圧線もしっかり閉じた明瞭な低気圧であり、南からの風波により各地でサイズアップ。今朝は風が北よりにシフトしコンディションが整うタイミング。東海上に抜けた後も低気圧からの北東うねりが入ってくる位置で低気圧は発達しそうなので千葉から北のエリアでは期待したい。
今朝の千葉エリアは弱い北よりの風。南の風波ベースで九十九里では腰腹から胸サイズ、一宮周辺では腰腹くらいでワンサイズ小さめ、御宿から部原は南からの風波反応しやすく岩和田で腰腹、浜では腹胸、部原も腹胸サイズでもう少しまとまってきたら良くなってきそう。鴨川から千歳までは腹胸から肩くらいありコンディションは良さそう。千倉は南の風波なので反応しにくく腰くらいで物足りない感じ。平砂浦は腰腹サイズあり楽しめるコンディション。
湘南は今朝は整うタイミングで朝一からいい感じ。鎌倉から藤沢の各ポイントでは腹胸からたまに肩くらいで十分サーフィン可能。
茅ヶ崎から大磯までも同じくらいのサイズありこちらも十分楽しめるコンディション。吉浜は腿腰サイズとうねり反応しにくい。
今日は西湘エリアから順にサイズダウンしてくる可能性あるが、御前崎沖合の風は西で強く吹いているので今日は夕方までは波は続きそう。風と潮を気にしていいタイミングで入りたい。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

「天気と気象を知るためのキーワード/用語集(その1/その2)」では、気象に関する様々な用語と押さえておくべきキーワードについて、ざっくりな内容のみですが記事にしてみました。 今回は天気と気象を知るための様々な公式についてを1つの記事にしています。 様々な気象現象にはそれを表すための数式が存在しており […]

前回の記事「天気と気象を知るためのキーワード/用語集(その1)」では、主に気象学の観点から大気の熱力学、降水過程、大気の放射と運動に関してのキーワード/用語をずらずらと記載しました。 今回はそのシリーズの2回目です。 内容は気象観測全般に関することから天気予報の作成に関する内容までを記載しています。 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!