4/11 3:00 ASAS

  • 2018年4月11日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

日本の東の海上には高気圧がありゆっくり東進中、日本海には前線を伴った低気圧があり発達しながら東進している。
今日は高気圧の縁辺から低気圧にむけて南西の風が強く吹き込む見込み。先週からこのパターンが多く南西の風がよく吹く気圧配置に。今夜には前線が日本列島に沿って南下し明日の午前中にかけて南の海上へと抜けていく見込み。
今朝の千葉エリアは南から南西の風、ところにより既に強く吹いている。九十九里から一宮周辺までは腿腰からたまに腹くらいのサイズ感。一宮周辺は風が合い面は整っているがもう少しサイズ欲しいところ。
千葉南エリアも腿腰から腹くらい、鴨川から和田はこれから更に面が乱されるので早めに入っておいたほうが良さそう。千歳と千倉は出来そうだけど波も抑えられそうか。
湘南もこれからサイズアップしてくる見込み。面は整わないポイント多いが少しでも軽減できる大磯とかは比較的出来そうか。
茨城の鹿島から波崎も風は合うけどうねりが弱く物足りない。
今週は土曜日にまた同じように南西の風が強まり前線が日曜にかけて通過する同じパターンとなりそう。冬のときのように前線が通過しても風が完全にオフショアにならないかもしれないけど、タイミング合わせればいい波になるかも。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan#swell #海 #ocean #気圧配置 #南西の風

前回こちらの記事にて波をつくるための風に […]