2018/1/8 3:00 ASAS

  • 2018年1月8日
  • 2019年1月2日
  • 2018-01

1/8 3:00 ASAS
日本のはるか東の海上には発達した低気圧、本州付近は高気圧の後面に差し掛かり天気は下り坂。東シナ海には前線を伴った低気圧があり今夜から明日にかけて発達しながら東の海上へ抜けていく。明日は西日本から寒波が南下してきて冬型が強まり寒くなる。
今朝の千葉エリアは無風から弱い北寄りの風。昨日よりも更にワンサイズ小さめとなり九十九里の作田から片貝エリアでは腰腹くらい、一宮周辺では腰腹から胸くらい。御宿から部原は腿腰くらいと物足りないサイズ。
鴨川から千倉までも腰腹から胸くらい、朝一は霧が出ていてほぼ無風の暖かい朝、沖合で南寄りの風が入った影響なのか、無風ながらも波はまとまらないコンディションでヨレてボヨつきブレイクはイマイチ。南の風が入ったことから千歳や千倉のほうが今日は良さそうなコンディション。
湘南は今朝もスモールコンディション。これから西から南西の風が強く入りジャンクな風波ながらもサイズアップ見込み。低気圧が通過したあとのまとまってくるタイミングを見計らっておきたい。今日はこのままたぶんサーフィン厳しいコンディションが続きそう。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

サーファーが知っておきたい台風への備え これまでに5回にわたって、「サーファーが知っておきたい台風の知識」として記事を投稿してきましたが、今回はサーファー以外の方も知っておきたい台風への備えについて記載していきます。 台風への備えや対策については、他にもいろいろなサイトで紹介されているので、それら専 […]

目次 1 サーファーにとっての風とは2 ”風”はどこで吹くのか3 波をつくるための風とは3.1 どこで風が強く吹くのか3.2 どこで長い距離・長い時間 風は吹くのか サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト サーファーにとっての風とは サーファーはいつも波のことを […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!