毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

4/21 3:00 ASAS

  • 2018年4月21日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

4/21 3:00 ASAS
本州付近は高気圧にすっぽり覆われていて気温も上昇、四月とは思えない陽気になっている地点もある。
今朝の千葉エリアはほぼ無風な地点が多い。千葉北ではアベレージで腰腹くらいのサイズ、九十九里エリアでは面は整いつつ重なる波が多いコンディション。一宮周辺では腰腹から胸くらいで楽しめるコンディション。
次第に南の風が強くなり九十九里エリアはオンショアでぐちゃぐちゃに。一宮周辺は風をかわし腰腹くらいをキープしてサーフィン可能な状況が続いている。
千葉南エリアも朝一風がないときは鴨川から和田にかけても腰腹から胸くらいでそこそこ楽しめていたが、風がはいり波質はダウン。千倉は風をかわして腰腹サイズで楽しめている模様。
湘南はこの時間になり南の風波が反応してきて鎌倉エリアでも腰腹サイズまでアップしてきている。まとまりないもののオンショアと割り切ればサーフィン可能。鵠沼から西のポイントも腿腰くらいのサイズで出来なくはないがコンディションは良くない状況。
茨城も河原子から鹿島まで腰腹から胸くらい、鹿島と河原子は風も合い楽しめるコンディション。大洗は風が合わないがそこまで影響なくサーフィン可能。
仙台新港も昨日から腰胸くらいのファンコンディションが続いていて朝一も楽しめていた模様。この時間はオンの風が少し入って若干波質はダウン。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan#swell #海 #ocean #気圧配置

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

うねりの向き

目次 1 週末は波があるのか?ないのか?2 うねりの向きとは3 うねりの向きとサーフポイントの関係4 うねりの向きでポイントを選ぶ5 地上天気図からうねりの向きを見つける5.1 太平洋側は高気圧の位置で東うねりの反応がざっくりわかる5.2 低気圧や台風の位置からうねりの方向を見つける5.2.1 台風 […]

サーファーは普通の人よりも多く自然に触れていることから、季節の移り変わりについても敏感に感じ取っているほうではないでしょうか。 平日は会社と家の往復でという生活をしていると、会社の通勤時間に外を歩いていてもなかなか季節を感じることや気付くことが減っていってしまう気がします。一概にすべての人がそうでは […]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!