2/12 3:00 ASAS 気圧配置と波情報

  • 2018年2月12日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

2/12 3:00 ASAS
昨日南岸を通過した低気圧は北東へ進み今朝は千島の東で972hpaまで発達した。
日本付近は冬型の気圧配置となり全国的に北西から西の風が強くなっている。
低気圧からの南東から東のうねりはこの強い西よりの風により抑えられ代わって西の波が強まりつつある。
今朝の千葉エリアは北西から西の風、千葉北エリアはまだ風は弱いが千葉南エリアはすでにかなり強く西風が入っている。
昨日の南うねりは弱まり東よりのうねりにシフトしてきているが昨日よりサイズダウン傾向。九十九里では腰腹から胸くらいで沖合の風の影響もありヨレヨレな感じ、一宮周辺も腹胸くらいでこちらは面はクリーンで比較的コンディションは良さそう。御宿から部原は腹胸から肩くらいありこちらは南西から西の波がまわりこんで反応してきているっぽい。
まだ西の風が強くなってないので風が入る前に急いで入っておいたほうが良さそう。
鴨川から和田も腹胸から肩くらい、既に西の風が強く吹き流れが強い状況が続く。千歳までいけばストレートなオフとなるがサイズは抑えられて腰腹くらい、千倉もサイズダウンして腰くらい。平砂浦は既にジャンク気味の腰腹サイズ。
湘南は鎌倉から藤沢エリアまでは腹胸から肩サイズあるが西の風が強すぎてクローズ気味。風を軽減する茅ヶ崎パークや大磯では腰腹サイズでなんとか出来ている。今後も西の風は強く吹き続ける見込みなので少しでも風をかわせるポイントなら午後もできそう。吉浜までいくとフラットになる。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置 #冬型 #西の風

目次 1 サーファーにとっての風とは2 ”風”はどこで吹くのか3 波をつくるための風とは3.1 どこで風が強く吹くのか3.2 どこで長い距離・長い時間 風は吹くのか サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト サーファーにとっての風とは サーファーはいつも波のことを […]

高気圧からの吹き出し サーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。 今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天気図を見ることだと思います。 今回から数回にわけて、以前に記載し […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!