7/4 3:00 ASAS台風7号は対馬海峡付近を通過して日本海を北東へ進む見込み。夜に…

  • 2018年7月4日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

7/4 3:00 ASAS 台風7号は対馬海峡付近を通過して日本海を北東へ進む見込み。夜には温帯低気圧に変わる見込みで北海道にかかる前線とマージされていく。太平洋高気圧はやや後退しているが日本海の台風7号にむけて今日も南西の風が強く吹く。台風からのうねりもあるが南西の風による風波もあり西日本の太平洋側はハードなコンディションになっているポイントもある。 今朝の千葉エリアは南西ベースの風が既に強く吹いてきている。千葉北では南うねりが回り込み九十九里エリアでは腰腹くらいでまとまりないコンディション、一宮周辺は面は良いけど腿腰から腹くらいで他よりスモール。 千葉南のほうが南西うねりひろいやすいので胸肩サイズあるけど千歳から千倉が風を気にするなら無難なセレクトになりそう。 湘南も腹胸から肩くらいのサイズ感で、オンショアが強めだけどサイズある分はショートでもできる感じ。 磯ノ浦は南風がかなり強く頭サイズで荒れている模様。浜の宮ならできるかもしれない。南の海上には台風8号が着々と準備を進めている。 #surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置 #台風7号 #台風8号

A post shared by @ asasfsas24 on

サーファーは普通の人よりも多く自然に触れていることから、季節の移り変わりについても敏感に感じ取っているほうではないでしょうか。 平日は会社と家の往復でという生活をしていると、会社の通勤時間に外を歩いていてもなかなか季節を感じることや気付くことが減っていってしまう気がします。一概にすべての人がそうでは […]

目次 1 台風を良く知るための連載(2回目)2 台風の発生するエリア2.1 ①風が収束して大量の雲が発生2.2 ②海水温が26~27度以上2.3 ③渦を巻く力が働きだす3 台風のエネルギー源と発達3.1 上昇気流が大量の水蒸気を吸い込む3.2 発達の過程でも重要なのは海水温4 季節ごとの台風のコース […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!