2018/1/11 3:00 ASAS

  • 2018年1月11日
  • 2019年1月2日
  • 2018-01

1/11 3:00 ASAS
千島近海にあった低気圧はアリューシャン付近まで移動し968hpaまで発達、日本付近は冬型の気圧配置が続き今回も西日本まわりで寒気が南下してきており日本海側は大荒れ。
寒気から一番遠い位置にある関東地方にも今日から寒気が入り込んできて日曜あたりまではかなり寒くなりそう。
今朝の千葉エリアは北西から西の弱い風。昨日まではまとまりのないジャンク気味なコンディションだったが、今朝は南の風波はサイズダウン。九十九里エリアでは腿腰から腹くらいで物足りないくらいまでサイズダウンしているがポイント選べば遊べるコンディション。一宮周辺は南の風波なので反応しにくくワンサイズ小さい膝腿から腰くらい。勝浦エリアまで南下すると西からの波が回り込み御宿から部原では腰腹サイズあるが西からの風が既に強めに吹いている。
鴨川から白渚あたりまでも西からの波がやや反応していて腰腹から胸くらい、こちらも西の風が強めに入っている。平砂浦はこの西風によりオンショアとなりサイズアップしているがジャンクなコンディション。内房は今朝は反応してできるポイントがありそう。
湘南は西からの波に反応していて腰腹から胸くらいのサイズあり今朝は風もまだ弱くサーフィン可能、鎌倉から大磯までポイントによっては十分楽しめるコンディションになっている模様。御前崎沖合の西の風は10mくらいをコンスタントに記録しているのでややサイズダウン傾向ながらもサーフィンできるサイズは残りそうか。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置