3/4 3:00 ASAS 気圧配置と波情報

  • 2018年3月4日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

3/4 3:00 ASAS
カムチャツカ半島付近の低気圧は勢力を落としつつ停滞気味。この位置と気圧配置だと千葉エリアへのうねりは入らない。今日は東の海上にある高気圧からの吹き出しが南から南西の風となりかなり強めに吹いている。
今朝の千葉エリアは朝一から南よりの風、8時くらいから強めの南よりの風が入り出す。今日は全域でスモールコンディションの。九十九里エリアでは膝腿から腰くらい、一宮周辺は腿腰サイズ、御宿と部原も膝腿くらいと物足りないコンディション。これに南西からの強い風でコンディションは良くない。
鴨川から和田も腿腰からたまに腹くらいあったがサイドオンの風でこちらも良くない。千歳が和田と同じサイズながらも風をややかわして今日は一番まともな感じか。千倉まで行くとオフショアで面は良くなるが膝腿くらいで物足りないコンディション。
湘南も午後になりオンショアの風波が反応してきた。由比ヶ浜から鎌高前まで腰腹くらいまでアップしていて少し出来るようになってきた。鵠沼も腰腹からたまに胸くらいまでアップしてきた。平塚から大磯までも腰腹くらい、吉浜も腿腰くらい反応してきた。夕方にかけてもオンショアと割り切ればサーフィン可能なので、これからの時間から入ってもいいかも。今日の昼ごろのアクアラインは南の風が12mと表示されていた。明日も南の風ベースが続き明後日に風がシフトしてくる可能性あり。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

前回の記事では、波の要素と種類、波の発生から終わりまでについて記載してみました。 今回はサーフィンにとっての波のコンディションにフォーカスして記載していきます。 目次 1 波のコンディションとは2 風の吹き方による波のコンディション2.1 面ツル2.2 チョッピー2.3 ジャンク2.4 クローズアウ […]

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション 久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。 前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。 季節毎の特徴的な気圧配置のときにどのような風と波のコンディションになっていくのかを、 今後はもう少しコンス […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!