4/23 3:00 ASAS

  • 2018年4月23日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

4/23 3:00 ASAS
週末に晴天をもたらしてくれた高気圧は中心を東へ移し本州付近は高気圧後面から気圧の谷へ。はやくも東シナ海には前線が東進してきており西日本から天気は下り坂。
今朝の千葉エリアは北東の風が沿岸ではやや強めに入っている。九十九里では腿腰から腹くらいあって早くも風の影響がでてきた。一宮周辺は風があわずイマイチなコンディション。千葉南ではマルキが北東の風をかわし腰胸サイズで周辺ではコンディション良さそう。
湘南は南東よりのうねりが少し反応していて鵠沼では腿くらいのサイズありなんとかサーフィン可能。
茨城では北東の風が強めに入り鹿島はもろオンショアで今日はよくない状況。
今週は低気圧が通過したあと水曜あたりが西日本では整ってサイズ残るタイミングがありそうか。関東地方も低気圧の抜けるタイミングをよくチェックしておきたい。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan#swell #海 #ocean #気圧配置 #北東の風

前回の記事「天気と気象を知るためのキーワード/用語集(その1)」では、主に気象学の観点から大気の熱力学、降水過程、大気の放射と運動に関してのキーワード/用語をずらずらと記載しました。 今回はそのシリーズの2回目です。 内容は気象観測全般に関することから天気予報の作成に関する内容までを記載しています。 […]

目次 1 台風を良く知るための連載(2回目)2 台風の発生するエリア2.1 ①風が収束して大量の雲が発生2.2 ②海水温が26~27度以上2.3 ③渦を巻く力が働きだす3 台風のエネルギー源と発達3.1 上昇気流が大量の水蒸気を吸い込む3.2 発達の過程でも重要なのは海水温4 季節ごとの台風のコース […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!