3/2 3:00 ASAS 気圧配置と波情報

  • 2018年3月2日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

3/2 3:00 ASAS
北海道付近にて低気圧が猛烈に発達、964hpaとなり北日本中心とした強い冬型となってきた。等圧線の間隔が非常に狭くなり特に日本海側では猛吹雪となっている。これら地域では厳重な警戒が必要。
この低気圧が残した南からのうねりは昨日よりだいぶ落ち着いてきており今朝はポイントによっては良いコンディションになってきた。
今朝の千葉エリアは弱い西の風。九十九里エリアではまだ落ち着かないポイントが多く頭以上のハードなコンディションでクローズ気味。一宮周辺は昨日からオフ寄りの風が吹き続けサイズも落ち着き今朝はグッドコンディション。胸肩から頭くらいで今朝は十分できそう。南に向いた御宿はまだまとまらないが部原まで行くとまとまってきていて胸肩サイズで十分楽しめる。
南に行くと風がやや強い西が吹いているが傾向は北エリアと同じ感じで、南がオフ寄りになる千歳から千倉では胸肩サイズでまとまってきているが、鴨川から和田はまだまとまりきらずの肩頭。もう少し落ち着いたほうがよさそう。平砂浦も胸くらいあり多少はできるようになってきた。
湘南は鎌倉から藤沢エリアは頭以上のサイズがまだ残りハードなコンディション、もう少し落ち着いたほうが良さそう。うねりを程よくかわす茅ヶ崎パークから大磯などは胸肩くらいで遊べる感じになってきた。吉浜は西がオフとなりうねりもかわし腹胸くらいだがコンディションはイマイチか。
西日本ではサイズダウンしてきて磯ノ浦ではセットで腰くらいはまだ残っている。生見も腿腰サイズ、伊勢は膝腿くらいまでサイズダウン。御前崎から伊良湖はまだ十分サイズ残っているが西の風がかなり強い。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 ポイント毎に異なるうねりの反応2 鳥取エリア3 兵庫エリア4 京都エリア4.1 丹後エリア4.2 舞鶴エリア5 福井エリア5.1 高浜エリア5.2 敦賀エリア5.3 三国エリア サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト ポイント毎に異なるうねりの反応 前 […]

前回までの記事では、いい波に乗るために台風のことを知っておくというシリーズとして2つの記事を投稿しました。 1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載しています 2回目は台風がどこで発生してどんなコースをたどるのかをメインとして、台風の発達のメカニズムまでの内 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!