2/24 3:00 ASAS 気圧配置と波情報

  • 2018年2月24日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

2/24 3:00 ASAS
西から高気圧に覆われている。日本海にある低気圧は前線を伴い高気圧と一緒に東進、今日はこの低気圧に向かって南から南西の風が強めに吹く。東海上にある低気圧や高気圧からの吹き出しからの東ベースのうねりの反応は継続しており朝一から各ポイントでは程よいサイズ感でサーフィン可能な土曜日。
今朝の千葉エリアは北西の風から次第に南から南西の風。九十九里エリアでは腹胸くらいのファンサイズで朝のうちは面にも影響なくそこそこ楽しめるコンディション。ただ既に南からの風が入ってきている。
一宮周辺では腹胸から肩くらい、この時間は風はサイドにまわっているもののコンディションよく十分サーフィン可能。鴨川から和田までも腹胸くらいあり、この時間は南からの風が入ってきていてコンディションおとしている。千歳は胸肩くらい千倉は腰腹から胸くらいで風が合うようになってきたが千歳のほうがコンディションは良さそう。平砂浦はフラット。
湘南はまだ西のうねりの反応はなくスネ膝サイズ。御前崎沖合の風が強まってきたのが午前9時くらいなので反応してくるのはもう少しかかりそうか。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 台風を良く知るための連載(2回目)2 台風の発生するエリア2.1 ①風が収束して大量の雲が発生2.2 ②海水温が26~27度以上2.3 ③渦を巻く力が働きだす3 台風のエネルギー源と発達3.1 上昇気流が大量の水蒸気を吸い込む3.2 発達の過程でも重要なのは海水温4 季節ごとの台風のコース […]

前回までの記事では、いい波に乗るために台風のことを知っておくというシリーズとして2つの記事を投稿しました。 1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載しています 2回目は台風がどこで発生してどんなコースをたどるのかをメインとして、台風の発達のメカニズムまでの内 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!