7/9 3:00 ASAS台風8号は915hPaで西北西に14ktで進んでいる。中心付近…

  • 2018年7月9日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

7/9 3:00 ASAS 台風8号は915hPaで西北西に14ktで進んでいる。中心付近の最大風速は105ktとなり日本の台風のランクでいうところの猛烈な台風となっている。この台風の発達により太平洋高気圧が勢力を増しており西日本に大きな被害をもたらした梅雨前線を北に押し上げた。今朝は西日本の各地でも晴れ間が広がりおそらく梅雨明けとなるシナリオに。ただし少しの雨でも地盤が緩んでいてまだまだ危険な状況が続いているエリアもあり、十分に警戒していただきたい。 今朝の千葉エリアは風はほぼ無風の濃霧。九十九里エリアでは腹胸から肩くらいありそうだけど濃い霧でいきなり大きなセット入ってきたらわからなそうな感じのコンディション。一宮周辺は今朝は胸肩サイズのいい波が割れている。水はまだ冷たいけれど久々サイズもでてきていい波になってきた。 千葉南エリアも台風8号からのうねりの反応が良くなってきていて、胸肩から頭サイズまでアップしてきている。これからさらに反応が良くなってきそう。 湘南も鵠沼で腰腹くらい、西湘方面でも腰腹サイズあり午後にかけて潮が上げてきてサイズももう少し上がってくる見込み。御前崎から伊良湖までは既に頭オーバーのクローズ気味なコンディションに。磯ノ浦はうねりの向きが少し合わないけど南紀のポイントは今朝はいい感じで割れているんだろう。四国の生見もクローズ気味。徳島の小松海岸や鳴門エリアでも次第にできるようになってくるはず。 #surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置 #台風8号 #太平洋高気圧

A post shared by @ asasfsas24 on

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 なぜサーファーが台風に注目するのか?2 そもそも台風とは何なのか2.1 台風かどうかは中心付近の最大風速で決まる2.2 発生する地域によって呼び方が異なる2.2.1 台風2.2.2 ハリケーン2.2.3 サイクロン2.2.4 ウィリーウィリー2.3 台風の名前3 台風の強さと大きさ3.1 […]

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ4回目です。 前回までの記事をざっとおさらいしておきますと 1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載しています https://asasfsas24.com/20190709/wave-8409/ 2回目は台 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!