4/1 3:00 ASAS 気圧配置と波情報

  • 2018年4月1日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

4/1 3:00 ASAS
日本付近を覆っている高気圧は東進し関東地方は高気圧後面に差し掛かる。台風3号は東へ8ktで早くもTからSTSへダウングレードした。20度線付近にありかなり日本からは距離があるのが動きが遅いことから直接的ではないものの週の半ばくらいまで千葉エリアはコンスタントに遊べるくらいの波はキープしそうな感じ。来週後半はまた寒の戻りがありそうなので、冬物はまだすぐ出せるところに置いておいたほうが良さそう。
今朝の千葉エリアは南西の風が次第に強くなってきた。サイズは九十九里では腰腹くらい、一宮周辺も腰腹から胸くらい。風の合う一宮周辺はコンディション良さそうで今日はどこも混雑している。昼間は暖かくなってきてブーツを履かない人も多くなってきた。千葉南エリアも腰腹から胸くらいで南西の風が合う千歳と千倉がいい感じ。南エリアはもうブーツは不要で程よい冷たさが気持ちいい。
朝一は潮が多く割れにくかったがこの時間は大潮でだいぶ引いてきて良くなってきた。
朝は晴れていれば5時から入れそう。日中は日焼けに注意。
湘南は東うねりが反応して平塚から吉浜にかけて腿腰くらいでコンディション良くはないけどサーフィンは出来そう。吉浜はかなり混雑しているみたいなので接触とか注意が必要。茨城の鹿島も南の風で腰腹くらいで楽しめそう。そろそろ鹿島に行く人も多くなってくる頃か。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

前回までの記事では、いい波に乗るために台風のことを知っておくというシリーズとして2つの記事を投稿しました。 1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載しています 2回目は台風がどこで発生してどんなコースをたどるのかをメインとして、台風の発達のメカニズムまでの内 […]

目次 1 やはり朝一の波がいい2 なぜ朝一の波がいい波なのか3 海岸での風の吹き方4 サーフィンにはオフショアがいい4.1 朝は風が弱くオフショアが吹くときが多い5 いい波に乗るために サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト やはり朝一の波がいい ボクは週末サー […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!