9/12 気圧配置と波情報~今朝も前線に向けて北から北東の風がやや強め、台風22号は猛烈な強さまで発達し西進

  • 2018年9月12日
  • 2018年9月17日
  • 2018-02
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

9/12 3:00 ASAS / FSAS24

昨日は前線に向けて北東の風が強く入り各地で肌寒いくらいの陽気に。今朝も秋雨前線が日本の南海上に停滞しており、北にある高気圧から北東の風が吹きやすい気圧配置。

今夜にかけては同じような気圧配置だが明日の夜になると高気圧の中心が東海上に移動し、それに伴い本州にかかる前線が不明瞭になりそう。ただし西から新たに前線が東進してくる見込み。

台風22号は猛烈な強さで西進

台風22号は中心気圧は905hpa、中心付近の最大風速は110KTとなり猛烈な強さで西へ12KTで進んでいる。

今回日本への直接的な影響はなさそうだが、進路にあたるフィリピン北部など心配される。もし北上し日本に接近していたとすると、前回台風21号よりも強い勢力で上陸していたかもしれない。

この台風からのうねりは金曜には宮崎や四国で反応してくる可能性あり。土曜日には千葉や湘南でも反応してくる可能性あり。まずは西日本エリアの木曜から金曜の反応をチェックしておきたい。

なお、昨日台風23号が発生。南シナ海を大陸方向へ向かう。

今朝の千葉エリアはやや強い北の風

昨日は1日北から北東の風が強く吹き、今朝もその影響がでている。九十九里エリアでは腰腹から胸くらいでサイドからサイドオンとなりまとめりはないが少しサイズあるので少しはできる。一宮周辺はオンショアとなり面は乱されているが腹胸くらいサイズあり乗れる波はある。

千葉南エリアは北東からの波は反応少し鈍く、腿腰サイズで潮も多くイマイチなコンディション。

湘南はこの気圧配置だとオフショア強くなりほぼ全域でフラット。吉浜までいけば腰くらいで少しできるサイズあり。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!