冬のサーフィン防寒アイテム 「O’NEILL(オニール) インナーソックス THERMO-X SOCKS」

短い夏が終わりスッキリした秋空を経て
どんよりした空模様と北東の風が続くと
もう冬はすぐそこまできている感じになってきます。

海パンとラッシュでサーフィンできた
季節が懐かしくすら思えて
早くまた次の夏がこないかなと
恋しくなってしまうところですが・・・

冬は冬なりにサーフィンを
楽しめる季節でもありますので
しっかり防寒対策して
いい波乗りたいですよね

真冬の千葉エリアはセミドライにブーツを
履く日が多くなってきますが、
そんなときにかなり活躍してくれるのが
今回紹介する「インナーソックス」です。

実際使ってみて
かなり暖かく感じられて着替えも楽ちんに
なるアイテムですので

今回はそんなインナーソックス
ご紹介してみようと思います

真冬のサーフィンには持っておきたいアイテム

前回もオニールのインナーについて紹介しましたが、
今回もオニールの商品の紹介です。

今回はサーフィン用のソックスです。

今年(2018年)は海水温が例年よりも高く、
この記事を書いている12月でも
千葉南エリアではまだセミドライも
不要なくらいですが、

そろそろセミドライも
必要となり年明けからは
ブーツも必要になってきます。

千葉北エリアでサーフィンするなら、
12月は例年だとブーツが必須になってきます。

だいたい自分の感覚では、
千葉北エリアだと12月初旬から
いつもブーツを履く感じです。

もちろん個人差がありますが、
だいたいこんな感覚じゃないかと思います。

セミドライ+ブーツが必要になる時期に、
このサーフィン用ソックスをプラスすると・・・、

はるべえ
海の中での暖かさが倍増と
まではいかないけど・・・
かなり暖かくなります!

 

O’NEILL(オニール) インナーソックス THERMO-X SOCKS(サーモエックス ソックス)

  • 伸縮性に優れ水をはじき、温かく軽量、快適。
  • 先割れ仕様のパワーストレッチ素材にて
    運動性能を妨げず保温性を保ち
    ウェットスーツの着脱もスムーズ。
  • 素材:13OZ P2(ナイロン93%
    ポリウレタン
    7%)カラー:ブラック
  • 衛生上返品交換不可

っとここまでオニールの
インナーソックスのことを
書いてきているんですが、

どうもAmazonのリンク先を見ると
品切れ状態が続いています・・・

ということで、
代替え商品としてこちらを紹介させていただきます。

インナーソックスで検索してみると
以前はもっとたくさん商品あったのですが
最近は商品数が少なくなっているようです…

まあ機能的にはそんなに変わらない?
はずなので、こちらで代替えとして進めていきます

ソックス履くだけで暖かさがだいぶ違う

こんなソックス履くだけで
そんな変わるんかいなっと、

ボクも当初は懐疑的で、
そんなの必要ないかと
思ってたのですが、

そんなに高くないし
試しに買ってみようと
思って使ってみたら、

はるべえ
かなり暖かく感じて快適です。

ふくらはぎくらいまで
ソックスで覆われる感じになるので、
履いているのといないのとでは
体感が結構変わると思います。

このソックスを履くことで、
サーフィンする感覚が変わったり
するような違和感もないと思います。

ほとんどマイナスな点はないかなと思いますが
以下使ってみた感じです

【大人気の耳栓】冷たい海に入るときの必須アイテム
SurfEars 3.0は超オススメです
Amazonだと少し安く購入できます

ウエットとブーツの着脱がスムーズにできる

ボク的には一番推したい点が、
このスムーズに着脱できるという点です。

セミドライやブーツって
脱ぐときに結構しんどいですよね。

冷たい海に入った直後だと
手も悴んでしまい、

思うように指先が動かないし、
バケツの中でセミドライ脱ぐときも
なかなか脱げないときがあるかと思います

寒い外で着替えるときに、
ブーツ脱ぐのさえ
一苦労なときもありますが、

でもこのソックス履いていると、

はるべえ
ブーツとセミドライが
スルッと脱げます。

これだけでもこのソックスは
買いな一品ではないかと思います。

バケツの中でセミドライを
下までおろしてから、
ウエット裏返しのまま
足を抜くようにすれば、

うまくやれば手を使わずとも
足だけで脱げるときすらあります。

ソックスがウエット裏地との
摩擦を軽減してくれて、
まさにスルッと脱げるのが
かなり楽チンです。


家から履いていけば着替えも楽チン

前回のオニールのインナーの
ときも書きましたが、

このソックスも
家から履いていくと楽チンです。

セミドライとブーツを
着るときも、
スルッと着れます。

海に到着したら
すぐにそのままセミドライを着れば
スムーズに海に入れます。

気を付けなければならない点について

特に大きな点はないのですが、
あえて記載すると以下の点かと思います。

指先に穴が開きやすい

2シーズン目くらいになると
指先に穴が開きやすい
傾向かと思います。

これは使い方にもよると思いますが、
ボクは親指の爪がのびたままのことが
多いからなのかわかりませんが、
2シーズン目には穴が開いてしまいました。

でも穴が開くことによって
寒くなるというようなことはなく、
本来の機能面ではさほど影響はないです。

指先に砂が溜まる

これはウエット類では
どうしようもないことですけど、

家で洗うときに裏返して
よく洗わないと
指先に砂がこんもり残っている
ことがよくあります。

裏返ししないで干して、
乾いてから裏返しにしたときに
砂がバラバラっと落ちてくる
ことがあるので、

部屋の中で裏返しに
しないほうがよいでしょう。

洗うものが1つ増える

これはインナーのときも
書きましたけど、
しょうがないです。

洗うアイテムが増えることにも優る
メリットがあると思います。

ソックスだけ履いている姿が何か格好わるい

別にどうでもいいことですけど、
セミドライとブーツをスルッと
脱げたあとには、

ソックスだけ履いている
格好の時間帯が少なからず
あります。

このハイソックスだけを
履いているときって、
なんかちょっと変な格好ですよね・・・

特に40過ぎたオッサンが
ハイソックスだけ履いている
格好となると・・・っと思って、

この時間帯はできるだけ
短くなるよう、
早く着替えたいところです・・・😅。

別に気にする必要ないことですし、
どうでもいいことですけど
ちょっと気になったところでしたので・・・。


今回紹介したオニールの
商品よりも安いものもあり
オニールの商品は品切れ?が続いていたので
他商品を紹介さえてもらいました

思ったよりも
かなりコスパのいい商品
なので、

これからのシーズンに
活用してもらえれば、
真冬も快適なサーフィンが
できると思います!

こちらの記事も合わせてお読みください

O’NEILL-THERMO-X

1枚持っているとかなり使えるサーフィン用インナー秋が深まってくると水温は気温に遅れて徐々に冷たくなってきます。ここ最近の冬はかなり水温は暖かい年が多く、千葉エリアは12月に入ってもまだセミドライは不要な状況が続く年も[…]

冬のサーフィン防寒対策

冬もサーフィンを快適に楽しみたいサーフィンの魅力にハマってしまった人は、冬の冷たい海に入ってでもサーフィンします。 当然ながら、冬は夏に比べると格段に人も少なくなり、混雑しない海でサーフィンができます。[…]

冬のサーフィン防寒対策
最新情報をチェックしよう!