南岸低気圧が通過して昼過ぎから湘南もサイズアップしてきそう,今週は比較的暖かい1週間に(181217)

  • 2018年12月17日
  • 2018年12月22日
  • 2018-02

12/17 3:00 地上天気図と波情報

四国の沖合にある低気圧が南岸を通過していく見込みです。

関東地方は朝から雨のスタート。

ただ昼過ぎには天気は急速に回復してくる見込みとなっています。

東海上に中心をシフトさせた高気圧からの東ベースのうねりの反応が千葉エリアでは続いています。

これに通過する低気圧からの南よりのうねりがこれから反応してくる見込みです。

明日にはまた一時的に冬型の気圧配置となりますが、そのあとは比較的暖かい陽気が続きそうな1週間となりそうです。

今朝の千葉エリアは北西の風

東ベースのうねりが反応しやすいポイントでは腰腹から胸くらいで今朝も風の影響少なくミドルサイズで十分できそうです。

九十九里エリアでは片貝周辺で腰腹くらい、一宮周辺では腹胸くらいあり面もよく朝一は楽しめそうなコンディションのようです。

飯岡や御宿はうねり入りにくいのでスモールなサイズ。

千葉南エリアも鴨川から千倉まで腰腹くらいの反応はありポイント選べば十分できそうです。

湘南はまだサイズアップしていないですが、これから昼過ぎくらいにかけて低気圧通過してから反応が出てくるのではないかと思います。

四国ではすでに反応ではじめている模様ですが、和歌山磯ノ浦はまだ反応してなさそうな感じに見えます。

関連記事

サーフィン中に怪我をするケースとはサーフィンを長いことやっていると1度や2度ではおさまらないくらい怪我をすることはよくあることです。サーフィン中に怪我をしてしまうケースはいろんなパターンがありますが、大きく分けて、人が相[…]

明日は一旦冬型になるも週の後半は比較的暖かい

今夜9時の予想天気図

低気圧は東海上へ抜けて発達し、日本付近は冬型の気圧配置となります。

明日は一旦寒くなりそうです。石廊崎沖合の西の風の状況をチェックしておきたいところ。

明日火曜夜9時の予想天気図

冬型の気圧配置は緩み西から高気圧に覆われてきます。

湘南は西のうねりの反応が火曜まであるかもしれません