11/18 地上天気図と波情報~朝から北東の風が強く吹く日曜日、今週も北東の風を気にする1週間になりそう

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


11/18 3:00 地上天気図と波の概況

東海上にある高気圧は更に東へ移動、サハリン付近の低気圧と前線も合わせて東進し、西から高気圧に覆われてきています。

はるか東海上の高気圧をメインとした東うねりの反応は続いており、うねりの反応がよいポイントでは胸くらいのサイズをキープ。

ただし今朝は朝の早い時間から既に北東の強い風が入ってしまい、既にコンディションに影響がでてしまってます。

なお昨夜台風27号が南シナ海にて発生しました。日本への影響はなくベトナム付近で熱帯低気圧に変わる見込みです。

今朝の千葉エリアは強い北東の風

昨日の午後から北東の風が強く吹き始め夕方にはかなり影響がでたポイントがありました。今朝の日の出から1-2時間くらいはまだ風は弱いポイントありましたが8時過ぎには大半のエリアで北東の風が強めに入ってしまってます。

一宮周辺では腹胸くらいサイズですが面にモロ影響でており良くないコンディションに。堤防の南側でなんとか出来るといったコンディションです。

九十九里エリアでは片貝周辺で腰腹くらいで比較的風をかわしていますが、今日は片貝周辺にサーファーが集まりかなり混雑してそうです。

千葉南エリアも強い北東の風。鴨川から千倉までおおよそ腰腹から胸くらいのサイズあるものの、すでに北東の風の影響が出ています。

鴨川のマルキは北東の風をかわしうねりにも敏感なエリアですが、今日は朝からNSAのサーフィン検定が開催されておりエリア規制が入っています。おそらく駐車場は満車で午前中は入れないはずですが、昼過ぎから駐車場も空いてくると思います。

和田から千倉までは流れの入ったヨレヨレなコンディションでよくはないです。平砂浦は膝腿くらいでサイズ小さいですが北東の風をかわすのでロングなどは楽しめるかもしれません。

湘南は今朝もスモールコンディションです。吉浜まで行けば腿腰くらいでインサイドよりのワイドなブレイクですが少しできます。

今週も前半は北東の風を軽減できるポイントが良さそう

今夜9時の予想天気図

高気圧の中心は東へシフトしてきて関東地方は高気圧の後面に位置するようになります。北東から東よりの風が吹きやすい気圧配置が続きます。

明日月曜夜9時の予想天気図

東シナ海にあった前線上に低気圧が発生しそのままやや発達しながら南海上を東進する見込みです。弱い冬型の気圧配置となり等圧線は縦にはしり北から北東の風が吹きやすい状況は続きます。

ただ千葉エリアは今日と同じくらいのサイズはキープしてありそうなので、片貝周辺か鴨川周辺をまずはチェック。少しサイズがでてきたら飯岡周辺や勝浦エリアなど北東風を軽減できるポイントの状況をチェックしておくのがよいかと思います。平砂浦の状況も見ておくといいかもしれません。ロングなど小波でも楽しめるボードを持っていくと遊べる幅が広がります。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!