寒さ和らぎ千葉はミドルサイズで遊べるコンディション,明日は低気圧通過でサイズアップ!(181216)

  • 2018年12月16日
  • 2018年12月22日
  • 2018-02
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


12/16 3:00 地上天気図と波情報

全国的に寒さは和らいで北風も収まる日曜日です。

高気圧にすっぽり覆われてますが西から天気は下り坂へ、関東地方も今夜から雨が降るところがありそうです。

今朝の朝一は北から北西の風が弱めに吹いていて次第に南よりの風にシフトしていく見込みです

早くも東シナ海には低気圧になりそうな兆候が解析されており、今夜には西日本の南海上から低気圧が南岸を通過していく見込みです。

今朝の千葉エリアは北から北西の弱い風

朝一の千葉エリアはどのポイントもオフショアよりの風が吹いています。

昨日と同じ位のサイズ感で今朝もポイントを選べば十分楽しめるコンディション。

九十九里エリアでは片貝周辺で腰から腹位のサイズあり、昨日の夕方からサイズが少し上がってきてコンディション的には良くなってきました。

オフショアが吹いていて波もまとまってきておりそこそこ楽しめそうです。

一宮周辺は腹から胸位のサイズあり、昨日の夕方よりもややサイズアップしている感じがあります。

西成分が入った風が弱めに吹いており面もまとまってきていてコンディション的には十分楽しめる波があります。

千葉南エリアでは今朝は和田から千倉方面が比較的良さそうなコンディションです。

サイズ的には腰腹からポイントによっては胸位あります。こちらもオフショアで昨日よりもまとまりコンディション的には充分楽しめそうな波です。

湘南は今朝もスモールサイズのコンディション。東から北東よりのうねりなので湘南には波のない気圧配置となっています。

昨日の夕方は吉浜では腰腹位のサイズはあったようですけれども、今朝はサイズダウンしている様子です。

※今朝は先週ずっと寝不足だったこともあり、朝6時に家を出発する遅めのスタート。

そんな時に限ってアクアラインは事後渋滞していて橋を渡るだけでも40分ぐらいかかりました。やはり早起きして朝一を狙うべきでした、、、

明日は南岸を通過する低気圧によってサイズアップしてきそう

今夜9時の予想天気図

四国の南には低気圧が解析されており東進してくる見込みです。

月曜は南から南東ベースのうねりの反応がありそうです。湘南でもサイズアップしてきそうなので要チェック。

明日月曜夜9時の予想天気図

低気圧は比較海上へ抜けて冬型の気圧配置へ移行していきます。

石廊崎沖合の風をチェックしておきたいところ。

https://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/shimoda/irosaki_lt/kisyou/index.html

西寄りの風が10m以上で吹き続きそうなら湘南へ西うねりの反応が出てくるかもしれません。

最新情報をチェックしよう!