北東の風と東うねりが続く週末の波、午前の潮が動く時間帯に・・・【2022.11.5】

2022年11月5日(土)
気圧配置と風と波の様子です

午前9時の実況天気図

実況天気図

午前9時の実況天気図です

オホーツク海~千島近海あたりにあった
低気圧は北上して遠ざかり
代わって昨日からは大陸にある
高気圧からの張り出し部分が
日本付近を広く覆うようになってきています

昨日からこの高気圧の縁辺で吹き出す
北東の風が吹きやすい状況となっており

朝から各地で北東の風が
やや強い状態からのスタートです

昨日までは暖かい時間帯もありましたが
今日は北東からの風が冷たく感じる一日で
気温も20℃には届かないまま推移しました

沿岸波浪実況図

午前9時の沿岸波浪実況図です

東北東~東からの波・うねりは
今日も続いていますが

房総半島沖では周期7秒、波高2.1m
として解析されており
昨日までの周期が10秒以上の波は
解析されなくなってきてます

遠くからの周期の長い波から
比較的近いところで作られた波が
メインとなってきているようですが

今日も千葉エリアはミドルサイズの
波の反応は続いており
風向きと潮回りでタイミングよく
海に入れば多少はできるコンディション
のポイントはあったようです

湘南エリアも昨日の方が
サイズの反応は良かったようですが
今朝は何とか朝のうちは腰くらいの
セットが入ってくる時間帯・ポイントも
あったようで

短いながらも少しできる
タイミングがあったようですが
昼前からはだいぶ物足りない感じに
なってきたようです

今日の波

221105辻堂

今日は朝ゆっくりスタートで
湘南エリアの波の状況を
共有してもらいました

だいぶ手前で割れる波のようで
サイズは腿くらいなブレイク

切れたポジションから少し
乗れるくらいな感じでしょうか

221105平塚

こちらは西湘方面の朝の波

潮が上げに動いている午前中は
腿腰~腹くらいはありそうな感じで

北風は弱くうねりから
乗れる波も入ってきていたようでした

午後は潮が上げてしまって
割れにくくなってしまいそうですね

明日の予想気圧配置

予想気圧配置

予想気圧配置

午後9時/明日朝9時の
予想気圧配置です

気圧配置には大きな変化はなく
明日も大陸にある高気圧の張り出し
部分から吹き出す北東の風

入りやすい気圧配置が続きそうです

朝の気温は今日よりも寒くなりそうで
10℃以下
になるところも多くなりそう

朝一はまだ北東の風ではなく
北風が吹く時間帯もありそうですが
だいぶ寒く感じそうですので

朝から入るのであれば
暖かくして向かったほうが
良さそうです

沿岸波浪予想図

明日9時の沿岸波浪予想図です

房総半島沖では東の波が卓越し
周期10秒の波が再び予想されていて
波高は今日より下がって1.9mの
予想値となっています

波高は少し下がってますが
セットの波はそこそこしっかりした
うねりが今日と同じくらいの
サイズ感で続きそうな感じでしょうか

ここ1週間の勝浦の潮位情報ですが
明日は一番下の6日の値を見て
もらえればと思います

明日は「中潮」で
上段のグラフを見ると
だんだんと午後の干満差が
大きくなってきている推移が
わかりますね

明日夜9時には39㎝まで
潮位は下がる潮の動きと
なっています

ざっくり風とうねり221105

明日9時のざっくり風と波イメージです

明日の前半の干潮は9時台となり
朝一から入れば潮が引きに動いていて
まだ北風が吹いてる時間帯にも
なりそうなので、

千葉北の片貝~飯岡までや
千葉南の和田エリアでは
まだ風の影響も少なく
ブレイクしやすくなって
そこそこ出来そうな時間帯になりそう

9時~12時頃にかけては
1時間に10~20㎝くらい潮が上げて
くる時間帯となりますが

北東の風がやや強めに入って
影響がでてきそうなので
片貝エリアや鴨川エリアなどの
風を軽減するポイントで入る
ほうが面は比較的にまとまっている
のではないでしょうか

湘南エリアも午前中までの
干潮前後の時間帯には
今日と同じくらいの腿腰たまに腹
くらいなポイントがあるかもなので

この時間帯にタイミングよく
入れるように調整しておいたほうが
良さそうですね

いい波にのるために~Kindle電子書籍シリーズ

Kindle電子書籍
「いい波にのるために」シリーズ Vol1~6
https://amzn.to/3gyh2my

  1. 週末サーファーというスタイル  https://amzn.to/3rBZP2v
  2. サーファーにとっての風と波  https://amzn.to/3opBknd
  3. うねりの向きを知っていい波をあてる https://amzn.to/3uBogyy
  4. サーフィンエリア毎の特徴とうねりの向き https://amzn.to/3qeqGA0
  5. サーフィンに必要な潮回りの知識 https://amzn.to/36mpfs3
  6. 波をよむための天気図の見方 https://amzn.to/3NMHA2E

「天気図から風と波を予想していい波をあてる!」
をテーマにしてまとめた「note」もあります

より詳しく風と波をイメージするために
活用してもらえればと思います

前編)

note(ノート)

サーフィン×気象の波乗りブロガー 気象予報士のはるべえです。 「週末サーファーのための波乗り気象学」 というブログを運…

後編)

note(ノート)

サーフィン×気象の波乗りブロガーで 気象予報士のはるべえです。 「週末サーファーのための波乗り気象学」 というブログを…

今日の記事は以上です。
本日もお疲れ様でした!

うねりの向きを知っていい波をあてる

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です/貴重な週末の休みの日に海に行くならいい波に乗りたいですよね!\週末サーファーの方なら誰もがそう思っているかと思いま[…]

うねりの向き
波をつくるための風

/サーファーはいつも風を気にしています\はるべえはるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。そうなんですサーファーはいつも風を気にしているんですよね海に行く前日はもとより平日の[…]

波をつくるための風
沿岸で吹く風

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です今回はビーチで実際に我々が感じることのできる「風」について・・・サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたと[…]

サーフチェックサムネイル
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
221105
最新情報をチェックしよう!