11/15 ASAS 

  • 2016年11月15日
  • 2018年9月17日
  • 2016


11/15 8:40
今朝の浜厚真はゆるい北寄りの風で、サイズは腰腹程度とのこと、遊べるサイズの波が割れてる
苫小牧から西に向かう海岸線には腰くらいの波が至る所でブレイクしている、どこでもサーフィンできそうな感じ、サーファーはいない
更に西へ進み長万部付近の海岸線には東ベースのウネリが届いている、こちらももも腰程度のスモールサイズの波が至る所でブレイクしている。
波のサイズがあれば岬の先端の方からキレイにブレイクしそうなポイントブレイクな場所もたくさんある
ここ北海道にくれば、混雑とは無縁な波乗りが堪能できるはず、ただ快適に波乗りできる期間は短い
来年の夏に、また来てみよう。
明日からまた冬型へ。

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 サーファーにとっての風とは2 ”風”はどこで吹くのか3 波をつくるための風とは3.1 どこで風が強く吹くのか3.2 どこで長い距離・長い時間 風は吹くのか サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト サーファーにとっての風とは サーファーはいつも波のことを […]

目次 1 なぜ潮まわりを知っておく必要があるのか2 リーフブレイクでは潮まわりを知らないと危険2.1 満潮時刻に合わせて海へ向かう2.2 逆に干潮にならないと波が割れないポイントも3 ビーチブレイクでも潮まわりは重要なファクター4 潮が動く時間帯に合わせて海にはいる サーフィン関連商品ならQUIKS […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!