11/28 ASAS weather &wave

  • 2016年11月28日
  • 2018年9月17日
  • 2016

11/28 3:00
前線を伴った低気圧は東海上へ
この低気圧からの南東ウネリが各ポイントに反応している
千葉エリアでは今朝も弱い北から北西の風
面はクリーン、大潮の満潮から干潮に向かう時間帯で潮が動いている時間帯
腰胸から肩サイズの遊べる波がブレイク
昨日と同じく一宮周辺、部原、マルキ、千歳などでは十分楽しめるサイズで人も少ない
湘南も鵠沼で腰腹サイズが割れており、潮回りで更にブレイクはよくなる可能性がある
今日は風の影響もそこまでなさそうで一日遊べそうだ
東海上へ遠ざかる低気圧はこれから発達し、明日にかけて西高東低の冬型へ
今回は北日本中心であり冬型は続かないが、天気は周期的に移り変わり木曜日にも南岸を低気圧が通過し、その後冬型へ。

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

前回こちらの記事にて波をつくるための風について記載しました。 今回からは風によって作られた ”波” について書いていこうと思います。 波についても記載すべき内容はいろいろあるのですが、1回の記事で書ける内容も限られるので、何回かに分けてサーファーにとっての”波“について記載していきます。 目次 1 […]

目次 1 ポイント毎に異なるうねりの反応1.1 日本海のサーフポイント2 日本海でいい波をあてるには2.1 強いオンショアによるサイズアップ2.2 冬型の気圧配置が緩んだ時がねらい目2.2.1 以下は2019年元旦午前3時の地上天気図です。3 気圧配置のチェックとポイント選びが重要3.1 天気図を見 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!