10/18 ASAS

  • 2016年10月18日
  • 2018年9月17日
  • 2016

10/18 3:00
関東の南に1014hPaの低気圧
その両側には1022hpaと1030hpaの高気圧
太平洋側は主に日本の東海上にある、1030hpaの発達した高気圧からの吹き出しによるウネリが届いており、十分なサイズをもたらしている
千葉エリアでは胸肩から頭サイズまでのポイントが多いが、イマイチウネリがまとまらない状況が続いいてきれいなウネリにはなってない模様、朝一は北西寄りの弱い風が吹いていて、一宮周辺ではまずまずのコンディションに
湘南にも南東ウネリが回り込んで反応し、腰腹サイズで遊べているところ多い
T1622からのウネリは今朝は四国や和歌山で少しだけ反応しはじめているかどうかといったところ、今日の後半あたりからもう少し反応がよくなるか。