毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

12/28 明日の天気と波情報~西うねりで湘南と千葉南エリアは今日も楽しめる

  • 2017年12月28日
  • 2018年11月30日
  • 2017-02

12/28 3:00 ASAS

千島付近にある低気圧は986hpaと勢力を弱めながらも日本列島は北日本中心とした冬型の気圧配置が続く。西からは高気圧が東進してきており、西日本の寒さは今日は一旦緩んでくるが、東日本と北日本では明日まで寒さが続く見込み。

今朝の千葉エリアは北西から西の風。

冬型の気圧配置によるオフショアベースの風が続きはるか東の海上にある高気圧からのうねりは抑えられ、大原から北の千葉北エリアは西からのうねりは入りにくく今朝は物足りないサイズとコンディションからのスタート。九十九里から一宮周辺までは膝腿からたまに腰くらい。夷隅や大原にかけても膝腿サイズ。

一方、御宿から南の千葉南エリアでは高気圧からのうねりは抑えられつつも、冬型による西からのうねりが回り込んで反応していて、千葉北エリアよりもサイズあり。御宿から部原は腿腰から腹くらい、鴨川から千倉は腰腹からセットで胸くらいとサイズあり。潮まわり時間帯選べばそこそこ楽しめそう。

湘南も西からのうねりにまだ反応中

今回の冬型によるうねりは今日で3日目、明日まで残るかどうかといったところなので早めに入っておいたほうが良さそう。鎌倉から藤沢エリアでは腰腹くらいで良くはなさそうだが遊べるくらいはサイズある。大磯まではギリギリ膝腿くらいでできるが、西うねりなので吉浜まで行くとほぼフラット。

冬型による西うねりなので、太平洋側では浜松から東と御宿くらいまでのポイントではサーフィン可能だが、それ以外は西日本と千葉北より北のエリアではフラットに近いコンディション。日本海側はまだまだ大荒れでほぼ全域でクローズアウト。福岡では少し落ち着いてきた模様なので明日は西日本の日本海側ではコンディションが整ってくるかもしれない。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!