2018/1/1 3:00 ASAS

  • 2018年1月1日
  • 2019年1月2日
  • 2018-01

1/1 3:00 ASAS
関東の南海上と日本海に中心のある二つ玉の低気圧はそれぞれ東進し、関東の東海上と秋田沖にそれぞれ位置している。低気圧はそれほど発達しないまま東進し、中心付近は等圧線で繋がる形のまま関東南岸を東進してきたため南からのうねりが入らないパターン。
今朝のうねりの波源はアリューシャン付近にある発達した低気圧からの北東うねりに高気圧からの吹き出しによる東から南東うねりがメインとなる。御前崎沖合の風が日の出あたりから強まっており、これから湘南は西寄りの波が反応してくる見込み。
今朝の千葉エリアは北東から北西の風。セット間隔は長めだが北東うねりに反応していて今朝はややハード気味なポイントも多くなっている。九十九里エリアでは肩から頭オーバーで面はクリーンながらもセット入るとハードなコンディション。一宮周辺も頭から頭半くらいでこちらもセット入るとハード。強いうねりをかわす飯岡や御宿などでは腹胸くらいで楽しめるコンディション、部原も胸肩から頭くらいでこちらは楽しめる。
千葉南エリアにも北東うねりが届き鴨川から千倉まで肩から頭サイズ。千葉北エリアよりも北東うねりをかわしていて、セット間隔もあり楽しめるコンディション。初日の出を海の中で迎えたサーファーはみんな笑顔。
湘南は朝一はほぼフラットな感じだったが、この時間は西寄りの波が反応してきており、鵠沼でも腰サイズが割れてきた。御前崎沖合では西からの強い風が続いているので夕方にかけてはもう少しできるようになりそう。
今年もいい波あてて楽しみたい。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

目次 1 天気図を見て波のあるエリアを知る2 関東エリアならどこかしらに行けば波がある3 関西エリアは海が遠い4 東海エリア5 どのエリアに波があるのか サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト 天気図を見て波のあるエリアを知る サーフィンは波に乗るのが目的なので […]

目次 1 台風を良く知るための連載(2回目)2 台風の発生するエリア2.1 ①風が収束して大量の雲が発生2.2 ②海水温が26~27度以上2.3 ③渦を巻く力が働きだす3 台風のエネルギー源と発達3.1 上昇気流が大量の水蒸気を吸い込む3.2 発達の過程でも重要なのは海水温4 季節ごとの台風のコース […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!