2018/1/2 3:00 ASAS

  • 2018年1月2日
  • 2019年1月2日
  • 2018-01

1/2 3:00 ASAS
昨日関東の東の海上に抜けた低気圧は発達しながらゆっくり東へ移動中。北海道付近にも弱い低気圧がありこちらはほぼ停滞。
今朝はここ数日北東うねりをもたらしてくれているアリューシャン付近の低気圧に加え、東の海上に抜けた低気圧からの東寄りのうねりが加わった状況、さらに御前崎沖合では西の風が強く吹き続いており、湘南や平砂浦では今朝からもサーフィン可能。
今朝の千葉エリアは強い北から北西の風。今日も昨日と同じくらいの北東うねりが反応中。ややセット間隔が長くなったのか、昨日よりもハードではない模様。九十九里から一宮周辺までは胸肩から頭サイズが継続、昨日よりも風が強くサイドオフからオフショアが強めなポイント多いがサーフィンは可能。飯岡や御宿は腰腹から胸くらいでこちらもサーフィン可能だが昨日のほうが風が弱くよい波がだった。千葉南も北西のオフショアが強めだが今朝も胸肩サイズで十分楽しめるコンディション。今朝のマルキはセット間隔がやや長めの胸肩からたまに頭サイズ、北東うねりなので向かって左側のレフトの波が今日もいい感じでブレイク。ただかなり混雑していて上手なサーファーがいい波たくさん乗っていてギャラリーとしても楽しめる。ただ昨日のほうが風が弱くもっといい波だったらしい。鴨川から千歳までどこもサイズあり、元旦から幸先よい初乗りできた人も多いはず。平砂浦は北東うねりではなく西寄りの波に反応して腰腹サイズありそこそこ楽しめるコンディション。
湘南も今朝は腰腹くらいのサイズ、御前崎沖合の西寄りの風が続いていて、湘南と平砂浦は同じくらいのサイズ感。湘南は波はそんなに良くはなさそうだが、ショートでも遊べる波。引き続き御前崎沖合では15mくらいの西寄りの風が続いているので、今日いっぱいは波は続きそう。明日も西寄りの波は残りそうなので、朝一からチェックしたいところ。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 潮の満ち引きはそもそもどうして起こるのか??2 潮汐とは何か?2.1 海面が周期的に変化する現象2.2 起潮力が潮汐を引き起こす3 月を見て潮まわりを知る3.1 太陽にも起潮力がある3.2 大潮と小潮3.3 夏と冬でも潮の引き方が異なる4 潮まわりを知っていい波にのる4.1 潮位のデータ( […]

目次 1 都内から週末に通える海2 千葉エリア2.1 広範囲のうねりに反応する千葉エリア2.2 バラエティに富んだサーフポイント2.2.1 飯岡エリア2.2.2 片貝エリア2.2.3 一宮エリア2.2.4 九十九里エリア2.2.5 夷隅~大原2.2.6 勝浦エリア2.2.7 鴨川~和田エリア2.2. […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!