3/20 3:00 ASAS 気圧配置と波情報

  • 2018年3月20日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

3/20 3:00 ASAS
昨日東シナ海にあった低気圧は前線を伴いながら四国沖まで東進してきた。東日本から北日本にかけては等圧線が横に走り前線に向けて北東よりの風が強まってきている。関東目線では明日にかけて寒さが戻り最高気温も一桁どまりになる。この低気圧に続き西からもう一つ低気圧が発生し東進してくる見込み。この低気圧がやや発達しながら本州を横断して行き明日は全国的に荒れ模様。
今朝の千葉エリアは強い北から北東の風。千葉北エリアでは北の風をかわす飯岡や片貝と御宿以外はほぼ風クローズな状況。一宮では腰胸くらいサイズあるがかなりジャンクな感じになってきた。御宿は腰腹くらいのサイズありこれから潮が引いてきたらもうすこしできるようになりそう。千葉南エリアは鴨川マルキでは風をかわし腰腹から胸くらいで比較的コンディション良いスタート。和田エリアはこれから北東の風が強くなり影響出てきそう。千歳と千倉はすでに荒れてきている。
湘南はスモールサイズで鵠沼で膝腿くらいロングは少し楽しめる感じ、あとは吉浜で膝腿からたまに腰くらいあるけど良くはない。
明日にかけては大陸に中心を持つ高気圧と前線の間で等圧線が東西に走る状況が続く見込み、これにより南岸では東ベースの風が強く吹き続いて東のうねりが反応してきそう。伊勢から宮崎の東向きポイントでは明日にかけてサイズアップするものの荒れ模様なので木曜の風が変わった後が良さそうな感じ。湘南も西湘エリアでは東うねりが反応してきそう。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

前回の記事では、波の要素と種類、波の発生から終わりまでについて記載してみました。 今回はサーフィンにとっての波のコンディションにフォーカスして記載していきます。 目次 1 波のコンディションとは2 風の吹き方による波のコンディション2.1 面ツル2.2 チョッピー2.3 ジャンク2.4 クローズアウ […]

目次 1 刻々と変化する波のコンディション2 気圧配置のパターンで風と波を読む3 代表的な気圧配置のパターン3.1 西高東低の冬型の気圧配置3.2 アリューシャン低気圧からの北東うねり3.3 南岸低気圧3.4 春一番3.5 高気圧からの吹き出し3.6 梅雨前線3.7 夏の太平洋高気圧3.8 台風3. […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!