2/11 3:00 ASAS 気圧配置と波情報

  • 2018年2月11日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


2/11 3:00 ASAS
今日午前3時の時点ではちょうど低気圧は中心が関東の南にあり東北東に35KTで進んでいる。湘南エリアは今朝の朝一日の出前の6時くらいの時点ではまだサイズアップしていなかったが午前7時頃に南からのうねりが反応しはじめた。今回の南岸低気圧は中心が通過してから約4時間後にうねりが反応しだしたことになる。低気圧のコースと速度や発達の度合いや低気圧をとりまく気圧配置など、その低気圧によってうねりの向きや強さと反応しだす時間が異なるが、今回はスネ膝サイズから4-5時間後には胸肩から頭くらいまでサイズアップした。
今朝の千葉エリアは北西の風。千葉エリアは遠ざかる東海上の高気圧からの吹き出しが先に反応して朝一は腰腹から胸くらい。その後南うねりが反応しはじめて九十九里エリアでは胸肩から頭くらいでポイントによっては頭オーバーでハードなコンディション。一宮周辺は南うねりをかわしているが南東からの吹き出しうねりに反応して腹胸から肩くらいのサイズに。西から南西よりの風でオフとなり一宮周辺では十分楽しめるコンディションに。御宿は南のうねりに反応し肩頭オーバーで浜方面はかなりハード。
鴨川から和田は南のうねりに反応しているもののまとまらずジャンク気味なコンディション、午後も西から南西の風がつよくほぼクローズなコンディション。千歳と千倉は朝一はかなりワイドなブレイクで胸くらいだったが胸肩から頭くらいまでサイズアップ。風が合うので午後はそこそこの楽しめるコンディションに。
湘南は9時くらいには鎌倉から大磯まで胸肩から頭サイズ。ビーチのポイントによっては頭オーバーでハード気味のコンディションだが、鎌倉エリアでは良いコンディションになった模様。吉浜も腰腹くらいまでサイズアップ。今回は南からやや南西よりのうねりとなり、湘南では全域でサイズアップ。連休中日は気温も上がり着替えも楽にできて楽しめるコンディションに恵まれた。
明日は冬型の気圧配置となり今日の南のうねりは弱まり代わって西からの波が鎌倉エリア中心に反応してきそう。気温は下がり風がつよく体感温度も低くなりそうなので、またしっかりとした防寒対策が必要。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置 #南岸低気圧

週末サーファーがいい波に乗るために 週末サーファーがサーフィンできる時間は非常に限られていますが、その限られた時間の中で ”いい波” をあてるために知っておきたい気象や海に関する知識と経験則についての […]

週末サーファーがいい波に乗るために 週末サーファーがサーフィンできる時間は非常に限られていますが、その限られた時間の中で ”いい波” をあてるために知っておきたい気象や海に関する知識と経験則についての […]

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!