3/22 3:00 ASAS 気圧配置と波情報

  • 2018年3月22日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

3/22 3:00 ASAS
低気圧が南岸をゆっくり東進中。昨日は都心でも雪が舞いうっすら積もる寒い春分の日となった。低気圧が通過した西日本から風も弱くなってきており落ち着いてきた。宮崎ではオーバーヘッドのオフショア、四国の生見も頭オーバーで風は弱い。中村の各ポイントも良い波ありそう。和歌山の下里やゴロゴロなども良い波入ってそうな感じ、伊勢の国府の浜はもう少し落ち着いてきたら良くなりそう。西日本の東向ポイントでは楽しめるポイントありそうだがサイズが大きいので自身の技量とよく相談してポイントセレクトした方が良さそう。
今朝の千葉エリアは昨日からの東よりのうねりが強くビーチのポイントはほぼクローズな状況。御宿の岩和田と鴨川マルキではなんとか出来そうなくらい。平砂浦は腰腹から胸サイズあり出来そう。今後は風は西寄りベースの南成分も入った風にシフトしてきてそう、次第に落ち着いてくるポイントもあるが無理しないようにしたい。
湘南も東ベースのうねりが入り吉浜ではオーバーヘッド、平塚から大磯も腹胸くらいのうねりで潮が引いてきたら良くなりそう。鵠沼でも腿腰くらいサイズあり。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 サーファーにとっての風とは2 ”風”はどこで吹くのか3 波をつくるための風とは3.1 どこで風が強く吹くのか3.2 どこで長い距離・長い時間 風は吹くのか サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト サーファーにとっての風とは サーファーはいつも波のことを […]

目次 1 波はどうして崩れるのか2 海底の地形や形状によるブレイクの特徴2.1 ①ビーチブレイク2.1.1 コンディションはサンドバー次第2.2 ②リーフブレイク2.2.1 リーフブレイクにはリスクも多い2.2.2 リーフブレイクは潮回りのチェックが重要2.3 ③リバーマウス2.3.1 なぜ河口の波 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!