3/19 3:00 ASAS 気圧配置と波情報

  • 2018年3月19日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

3/19 3:00 ASAS
高気圧は東進しはるか東の海上へ。樺太付近には低気圧があり高気圧後面の風が低気圧に向けて吹き込みやすい。一方で東シナ海には低気圧が発生、この低気圧は速度が遅くゆっくりと本州に向けて東進してくる。
今朝の千葉エリアはほぼ無風か弱い風。高気圧からの東ベースのうねりが残り東向のポイントでは腰腹から胸くらいのサイズ感。無風とはいえ昨日の南風の影響が残り九十九里や勝浦エリアではまとまりきらずヨレが入る。一宮周辺は風をかわしそこそこ楽しめるコンディション。千葉南エリアも同様な感じで、千歳と千倉は風をかわして腰腹から胸くらいでそこそこいいコンディション。鴨川から和田エリアはまとまらないがサーフィンは可能。
湘南は南の風波が少し反応していて腰くらいのうねりあるが潮が多い時間帯で割れにくい。昼くらいの潮が少ない時間帯の方が良さそう。
高気圧からの東うねりが入り宮崎と四国も引き続き良さそうで、宮崎では肩頭サイズで今日も楽しめそう。四国の生見や尾崎も腹胸くらい、中村エリアも胸肩くらいで楽しめそう。日本海側はフラット。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置