2/28 3:00 ASAS 気圧配置と波情報

  • 2018年2月28日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

2/28 3:00 ASAS
アリューシャン付近には発達した低気圧、本州付近は北から張り出した高気圧、東シナ海からは前線を伴った低気圧が東進中。
東シナ海にある低気圧は今夜には九州の北あたりまで中心を移し明日の朝には関東付近まで達する見込み。関東目線では今夜遅くから明日の朝にかけて雨と風が強まる。この低気圧に向けて南よりの風が強まり気温は20度くらいまで上昇する。今回の低気圧は備えとしては台風と同じ扱いをした方が良さそう。今夜中にベランダにある飛ばされそうなものは屋内にしまっておいた方が良さそう。
今朝の千葉エリアは北から西の弱い風。全体的に面は整ってきていて朝一からクリーンなコンディションなところが多い。九十九里では昨日よりもサイズダウンしての腿腰から腹くらい、一宮周辺は今朝はファンコンディションで腰腹から胸くらいのいい波がブレイクしている。ザワつきもおさまり整ってきていて今朝は楽しめそう。鴨川から千倉にかけても腰腹から胸くらいで今朝は風も合いどのポイントもそこそこ楽しめるコンディション、ワイドなブレイクなところが多いが潮が引いてきたので良くなってくるポイントもありそう。
湘南はスモールコンディション、鵠沼で膝腿くらい。昨日夕方には南西からの風波で腿腰から腹くらいまでアップしたが今朝はサイズダウン。明日はかなりの強風となりカレントも発生してジャンクなコンディションになりそう。金曜に風がシフトするか弱まるタイミングを狙ったほうが良さそうかも。
低気圧が抜けてあとも気温は高い状況が続きそうで着替えては随分と楽になってきた。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション 久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。 前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。 季節毎の特徴的な気圧配置のときにどのような風と波のコンディションになっていくのかを、 今後はもう少しコンス […]

目次 1 大阪市内から週末に通える海2 関西サーファーはよく走る3 和歌山エリア3.1 磯ノ浦3.2 御坊~南紀エリア4 伊勢エリア5 日本海エリア5.1 福井エリア5.2 京都エリア5.3 鳥取エリア サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト 大阪市内から週末に […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!