3/6 3:00 ASAS 気圧配置と波情報

  • 2018年3月6日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

3/6 3:00 ASAS
昨日の朝に東シナ海にあった低気圧は東進を続けて昨日夜遅くには南の海上まで南下した。前線通過前は南西の風が非常に強く吹き昨日はオンショアによる南の波がサイズアップした。夜遅くに前線が通過したことにより風が北から北東にシフトしかなり強く吹き続けている。日本列島に沿うような形で南海上には前線が横たわり等圧線も北東から南西にむけて間隔が狭い。
今朝の千葉エリアは北から北東の風が強く吹く。昨日ジャンクアップした南の波は北の強い風により落ち着き傾向なポイントもあれば風が合わずジャンク継続なポイントもある。
飯岡や御宿は北風をかわし比較的まとまってきているが飯岡はオフショアが強すぎてあおられがち。御宿ももう少し落ち着いたほうが良さそうか。九十九里から一宮にかけては風を軽減する片貝漁港や新堤ではまとまってきているがもう少し、一宮周辺は風が合わずハードなジャンク気味。
鴨川マルキは風をかわすがまだまとまりきらないのでもう少し待ったほうが良さそうか。和田から千倉までは風が合わずまとまらないハード気味。平砂浦は風をかわし腹胸くらいでまとまってきてコンディションは比較的良さそう。
湘南は鎌倉エリアでは腹胸から肩くらいでだいぶ落ち着いてきてサーフィン楽しめる。鵠沼から大磯まで胸肩くらいありもう少しまとまったほうが良さそうだけどサイズダウン早そうなので早く入ったほうがいいかも。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

サーファーは普通の人よりも多く自然に触れていることから、季節の移り変わりについても敏感に感じ取っているほうではないでしょうか。 平日は会社と家の往復でという生活をしていると、会社の通勤時間に外を歩いていてもなかなか季節を感じることや気付くことが減っていってしまう気がします。一概にすべての人がそうでは […]

目次 1 なぜ潮まわりを知っておく必要があるのか2 リーフブレイクでは潮まわりを知らないと危険2.1 満潮時刻に合わせて海へ向かう2.2 逆に干潮にならないと波が割れないポイントも3 ビーチブレイクでも潮まわりは重要なファクター4 潮が動く時間帯に合わせて海にはいる サーフィン関連商品ならQUIKS […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!