3/7 3:00 ASAS 気圧配置と波情報

  • 2018年3月7日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

3/7 3:00 ASAS
南海上にあった前線は東の海上に遠ざかり、日本付近は昨日と同じく高気圧縁辺の等圧線が東西に走り間隔が狭い。北東の風は今日も強く吹く状況が継続し、波のコンディションに影響がでている。
今朝の千葉エリアは北から北東の強い風。
九十九里から一宮周辺は北東の風によりジャンク気味なコンディションのポイントが多い。今朝も片貝漁港や新堤では風を少しかわしていて胸肩くらいでなんとかできる感じ。飯岡のほうに行くにつれて風はかわすがサイズも小さくなる。途中の野手や吉崎あたりがまだ出来そうな感じか。一宮周辺は北東をもろに受けてジャンク。御宿から部原は風をややかわして波は腰腹くらいで比較的できるほう。鴨川マルキも風をかわし腰腹くらいでできるコンディション。和田より南にいくと風の影響大きくなりジャンクになる。平砂浦は今朝はほぼフラット。
湘南も今朝はスモールコンディション。鵠沼で膝腿くらい。北東うねりなので吉浜が腿腰くらいサイズあり少しできる感じのコンディション。
明日はまた低気圧が東シナ海からやってきて金曜にかけて影響してくる見込み。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置