4/4 3:00 ASAS

  • 2018年4月4日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

4/4 3:00 ASAS
寒冷前線が北日本を通過中、日本付近は南に中心を持つ高気圧に覆われているが、この寒冷前線が通過したあとは大陸の高気圧に覆われてくる見込み。北日本は一時的に冬型の気圧配置で寒さが戻る見込み。金曜には西から新たな低気圧が東進してくる見込み、この低気圧は土曜にかけて発達しそうで荒れた天候になる地域が多くなりそう。日曜日にはこの低気圧も東へ抜けるがその後は再び冬型の気圧配置となり全国的に平年より気温が低くなる見込み。
今朝の千葉エリアはほぼ無風で北部ではキリがでている。霧があるということは風がないということなので海の中で波は見えにくいけど面ツルなフェイスになっているときも多い。波は昨日と同じくらいのサイズが続いていて今朝も十分楽しめるコンディション。一宮周辺では胸肩から頭サイズのいい波。今日も南の風をかわして一日楽しめそう。千葉南エリアも引き続き千歳と千倉のコンディションが良くて腹胸から肩くらいのファンウェイブ。休みとって今からでも行きたい、、、
湘南も今朝は南東から南の波が少し反応していて、鵠沼では腿腰から腹くらい割れていて朝一はかなり賑わっている模様。潮が引いてくると他のポイントも良くなってきそうなので要チェック。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan#swell #海 #ocean #気圧配置 #寒冷前線

 

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

台風19号の気象と被害状況の推移まとめ(18日21時更新) 台風19号による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。 一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。 ~ 10月6日に発生した台風19号の現在までの推移をこの記事にて随時更新していきます。 本ブログにて毎日更新している記事をベース […]

目次 1 なぜ潮まわりを知っておく必要があるのか2 リーフブレイクでは潮まわりを知らないと危険2.1 満潮時刻に合わせて海へ向かう2.2 逆に干潮にならないと波が割れないポイントも3 ビーチブレイクでも潮まわりは重要なファクター4 潮が動く時間帯に合わせて海にはいる サーフィン関連商品ならQUIKS […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!