4/7 3:00 ASAS

  • 2018年4月7日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

4/7 3:00 ASAS
低気圧が東進し午前3時はちょうど関東地方に中心がありそこから寒冷前線が南に伸びる。昨夜から南西の風が非常に強く吹き続け、今朝も沿岸部では風が強い状況が続いている。冬型の気圧配置となり西日本まわりで強い寒気がおりてきていて寒の戻りとなっている。関東地方は寒気の回り込みが遅れて今日よりも明日の方が寒い。
今朝の千葉エリアは南西の風が非常に強く風をかわす一宮周辺以外はほぼクローズアウト。流れが強くジャンクコンディション。一宮周辺は腹胸から肩くらいであおられるが選べばそこそこの波に乗れそう。南の風が強い時は太東にある低い山が風を軽減してくれて太東に近い志田下のほうが波がまとまる傾向で一宮のほうがザワつきは多い。
千葉南も千倉で腹胸サイズで風をかわしてできるが、他ポイントはほぼ風クローズ。
湘南も南西の風でサイズアップしてきているがジャンクでクローズ気味。南西をかわす大磯では肩くらいのサイズで少しできている。吉浜は風とうねりをかわして胸肩で出来そうだが今日はかなり混雑しそう。
鹿島はオフショアとなりうねりが回り込んで腰腹くらいのサイズで落ち着いている。
昨日から久しぶりに磯ノ浦に波があり、今朝は風も北成分が入ってコンディション良くなっている。御坊エリアも今日はいい波割れているかもしれないが早めに入っておいたほうが良さそうか。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan#swell #海 #ocean #気圧配置 #南西の風 #南西うねり #寒の戻り

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション 久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。 前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。 季節毎の特徴的な気圧配置のときにどのような風と波のコンディションになっていくのかを、 今後はもう少しコンス […]

サーファーが知っておきたい台風への備え これまでに5回にわたって、「サーファーが知っておきたい台風の知識」として記事を投稿してきましたが、今回はサーファー以外の方も知っておきたい台風への備えについて記載していきます。 台風への備えや対策については、他にもいろいろなサイトで紹介されているので、それら専 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!