4/18 3:00 ASAS

  • 2018年4月18日
  • 2018年9月17日
  • 2018-01

4/18 3:00 ASAS
日本付近は気圧の谷で、関東の南岸を低気圧が通過中。低気圧は東進を続けこれから昼過ぎにかけて東の海上へ抜けていく見込み。
関東目線では低気圧へ吹き込む東よりの風が強く吹いており、次第に北寄りの風にシフトしていく見込み。
今朝の千葉エリアは強い東から北東の風。ほとんどのポイントでオンショアのジャンク気味なコンディション。九十九里から一宮周辺は胸肩サイズのジャンクコンディション。北東の風で南に開いた御宿や飯岡では一部整っているところもあり他と比べてコンディションは良さそう。
千葉南エリアも東から北東ベースの風で良くないが、マルキは北東の風をかわして胸肩サイズでサーフィン可能。
湘南も東うねりに反応する吉浜が今朝はいい感じ、腹胸サイズで風の影響それほどなくコンディションは良さそう。鵠沼でも腿腰サイズあり朝一から混雑している模様。
今日はもう少しサイズに反応がでてきており北寄りの風となりそうなので、ポイントと時間帯選べば良い波当てられそうか。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan#swell #海 #ocean #気圧配置 #北東の風

高気圧からの吹き出し サーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。 今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天気図を見ることだと思います。 今回から数回にわけて、以前に記載し […]

目次 1 関東地方に向けてまっしぐら、沿岸すれすれを北上し三陸沖へ2 台風13号からのうねりの推移2.1 8/52.2 8/62.3 8/72.4 8/82.5 8/92.6 8/103 台風13号からのうねりの反応まとめ3.1 台風通過前3.2 台風通過後4 台風通過後に湘南では水温が顕著に低下 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!