5/4 3:00 ASAS

  • 2018年5月4日
  • 2018年12月30日
  • 2018-01

5/4 3:00 ASAS
昨日通過した二つ玉低気圧のうち南側の低気圧は北海道の東まで中心を移しそこから南西方向へ寒冷前線がのびている。一方日本海にあった低気圧は寒気を伴った低気圧で前線は伴わず日本海北部にてほぼ停滞する。東シナ海からは次の高気圧が張り出してきており、高気圧縁辺の流れが二つの低気圧にむかう構図に。
今朝の千葉エリアは風がやや不安定ながらも南西の風が卓越してきた。8時のアメダスをみると神奈川から千葉は概ね南西の風だが埼玉から茨城にかけては北寄りの風となり潜在的な前線がありそう。
昨日の強い南の風波の影響が残り九十九里エリアでは胸肩サイズあるが面は整わない。一宮周辺は比較的整ってきていて今朝も胸肩サイズで朝一からいい波が入ってきている模様。ただ連休真ん中で混雑しているのでルール&マナーで楽しみたい。
湘南も昨日の風波が残り腰腹から胸くらいで遊べるスタート。風を軽減できる大磯や茅ヶ崎パークでは朝から混雑している模様。
茨城は北東の風が入り鹿島はジャンクでよくないが大洗や大貫では胸肩で良くはなさそうだけど出来そう。
仙台新港は肩から頭サイズで朝一からいい波入ってそう。風の影響もなくコンディション良さそう。
今日の午後は大気の状態が不安定になるエリアがありそうで関東北部が中心かもしれないが海沿いでも発生する可能性があるので、空が怪しくなってきたら早めに海から上がるように注意しておきたい。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan#swell #海 #ocean #気圧配置 #南の風 #雷雨 #寒気

サーフィンをする上で、海や気象の知識が必要となります。 それは、このブログのテーマにもなっている、”いい波”に乗るために”、そして ”安全にサーフィンを楽しむために” も知っておいて損はないですし、ぜひ知っておきたい内容です。 波乗りのための気象に関する知識と経験則については、波乗り気象学のカテゴリ […]

目次 1 サーファーにとっての風とは2 ”風”はどこで吹くのか3 波をつくるための風とは3.1 どこで風が強く吹くのか3.2 どこで長い距離・長い時間 風は吹くのか サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト サーファーにとっての風とは サーファーはいつも波のことを […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!